1/144 ゲゼ 製作中 その2

厳密に言いますと、ゲゼは、スペックがすべて「不明」なので、1/144ではなく「nonスケール」にすべきなのかもしれませんが…。
スクラッチ ゲゼ 第二回目です。

GEZE_b_21.jpg

前回、あまりにも唐突に生えていた「頭」を、なだらかに生えるよう、パテで成形しました。

GEZE_b_22.jpg

GEZE_b_23.jpg

ひざに、丸モールドを配置しました。

GEZE_b_24.jpg

丸モールドの正体はこれです。
ビークルモデルのY-Wingのノズル。
ちょっと代わった丸ノズルとして、お気に入りです。
けろろさんからお教えいただきました。感謝m(_ _)m

GEZE_b_25.jpg

上半身です。荒いですね。特にモノアイ部分とか。。。
ひたすら磨くのみ!

GEZE_b_26.jpg

全体像です。手が付きました。
ウリは、指の全関節可動!w
「極め手」の指を使いました。

GEZE_b_27.jpg

GEZE_b_28.jpg

リアショット。

GEZE_b_29.jpg

GEZE_b_30.jpg

マットに並べて複製の見積もりを取りました。
お値段はヒミツです。。。

以上ゲゼの第二回目でした。
時間はあるので、ゆっくり丁寧に仕上げたいと思います。
目標はおおきく、「C3(キャラホビ)で販売!」・・・してみたいなぁ~・・・w
(果たして需要があるか微妙ですが。)
スポンサーサイト

1/144 ゲゼ 製作中 その1

今現在唯一の立体化プラモデル「ガンダム名鑑ガム」のゲゼをゲットしました。

GEZE_b_01.jpg

1/144モデラーとしては、これを1/144で欲しい!

・・・ということで、スクラッチすることにしました。

GEZE_b_16.jpg

現状です。
ここまで形になりました。

順を追って製作過程をご説明致します。




まずはスカートからつくりはじめました。
1/144ディジェのスカート部を前後に拡張し、原型をつくりました。

GEZE_b_02.jpg

GEZE_b_03.jpg

これを1mmプラ板でバキュームフォームしました。

GEZE_b_04.jpg

GEZE_b_05.jpg

次に胴体(胸部)をプラ板ハコ組みでつくりまして、仮として、HGUCジOの頭とHGUCジムカスタムの肩をあててみました。

GEZE_b_06.jpg

このままではぜんぜんゲゼではないので、頭をスクラッチしました。
HGUCアッガイの伸縮腕とダイソーの編み棒の先端部でできています。

GEZE_b_07.jpg

360度回転式コックピットはプラ板積層で製作。

GEZE_b_08.jpg

前述で説明した頭に、モノアイレール部を足す形でモノアイ部分を製作しました。

GEZE_b_09.jpg

足はHGUCジ・Oのものを利用することにします。
載せてみます。
サイズ的にはいいようです。

GEZE_b_10.jpg

GEZE_b_11.jpg

足の甲にあるバーニアの穴を埋め、また、足のスネの部分に突起をつけました。
(スネのカーブに追随するように、半硬化レジン棒を利用しました。)

GEZE_b_12.jpg

上半身を載せた状態です。

GEZE_b_13.jpg

肩はジャンクのMGガンダムMk-II ver.2.0のものを加工。
あとはプラ板とプラ棒製です。

GEZE_b_14.jpg

パイプをつけて、仮として、こぶしを仮置きしてみました。

GEZE_b_15.jpg

GEZE_b_16.jpg

GEZE_b_17.jpg

足の後ろ部も、プラ板ハコ組みを中心にスクラッチ部分が多いです。




・・・という訳で、後は地獄の表面処理と、ディテールの追加と考察が待ってる状態です。

塗装も、ベタ塗りではなく、汚しやチッピングを入れても面白いかな~、と思っています。


ゲゼ製作記その1は以上です。
最後までご覧頂きありがとうございましたm(_ _)m

HGUC バイアランカスタム 製作中 その1

HGUC バイアランカスタムを製作しております。
ディテールアップが中心となります。

RX-160S_b_01.jpg

肩の凹ディテールをくり貫き、エバグリのサイディングプラ板を中から取り付けています。

RX-160S_b_02.jpg

首が埋まりすぎていたように感じたので、肩の取り付け位置を5mm上方に上げました。

RX-160S_b_03.jpg

肉抜き穴はすべてアルテ粉+シアノン白で埋めています。

RX-160S_b_04.jpg

腕の後ハメ加工は、HobbyJapanのMitsu.永田プロの作例をもとに、そのまま参考にさせて頂きました。

RX-160S_b_05.jpg

のっぺりした面には、軽くスジボリを入れています。

RX-160S_b_06.jpg

胸部にダクトを配置しました。
ウェーブの角バーニアフラットの、3mm×1.5mmの穴の中に、0.15mmプラシートをフィンとして2枚入れています。

RX-160S_b_07.jpg

胸下のスペースには、コトブキヤのシリンダーを配置させています。



下半身は、また次の機会に。。。

タミヤ 1/35 シャーマン イージーエイト

タミヤ製「シャーマンM4A3E8(イージーエイト)」を製作致しました。

Sherman_Ez8_01.jpg

~つくりかた~

まず、すべてを組み立てます。
接着してしまいます。

Sherman_Ez8_02.jpg

Sherman_Ez8_03.jpg

今回、B&W塗装にチャレンジしたかったので、まずホワイトでベタ塗りします。

Sherman_Ez8_04.jpg

陰影を気にしながら、ブラックで塗ります。

Sherman_Ez8_05.jpg

Sherman_Ez8_06.jpg

下地が透ける程度に希釈した塗料(オリーブドラブ)を、全体に塗ります。

Sherman_Ez8_07.jpg

Sherman_Ez8_08.jpg

デカールを貼って、一旦トップコートを吹きます。

Sherman_Ez8_09.jpg

あとは、クレオスのウェザリングカラー黒、茶でウォッシングをします。
出来上がり。

Sherman_Ez8_10.jpg

Sherman_Ez8_11.jpg

Sherman_Ez8_12.jpg

Sherman_Ez8_13.jpg

足回りに関しては、前述のように全部組み立ててからカラーを変え、エアブラシで吹いています。
(履帯、転輪のラバー、などなど)




ただきちゃない汚しになってしまったのが反省点ではありますが、作っててとても楽しかったです!
AFV、今後も作り続けたいと思います。

HGUC ガンダム

過去作です。
HGUC №021 RX-78-2 ガンダム。
今から15年前、私が30代前半の頃の、出戻り第一作目の作品です。
[2002年8月製作]


RX-78-2_01.jpg

ストレートに組んだだけではありますが、今でも思い出深い作品であります。
足首シリンダーのみ、立体的すべく金属パーツ(MaxFactoryのブラスパイプ)に代えた記憶があります。

RX-78-2_02.jpg

すべてはココから始まった・・・という感じでしょうか?

RX-78-2_03.jpg

当時、プチ懸賞生活をやっており(笑)、その中で、当選した、この「HGUCガンダム」。
組みやすいし、動くし、色分けされてるし、で、どっぷりハマってしまいました^^

RX-78-2_04.jpg

この為に、コンプレッサー、エアブラシ、塗装ブースを一式購入しまして。
「モトを取らねば!」の執念で、今に至りますw

ちなみにコンプレッサー・ブラシ・塗装ブース、すべて今でも現役で活躍してくれております。
ありがとう!クレオス!m(_ _)m

RX-78-2_05.jpg

RX-78-2_06.jpg

RX-78-2_07.jpg

RX-78-2_08.jpg

コトブキヤのチェーンベースと。




今となっては、1/144だけでも、ver.G30th、RG、そしてreviveガンダム、といろいろ出ております。
が、私個人としては、このHGUCガンダムが一番好みですね。

[カラーレシピ]
・すべて「ガンダムカラー:HGUCガンダム」用を使用。
[ 2017/03/16 08:35 ] ◆HG・HGUC◆ HGUC ガンダム | TB(-) | CM(0)