1/144 ガルバルディβ 完成

1/144 旧キット ガルバルディβを作りました。
藤岡建機氏がAOZで描いた設定画を基に、自分なりにアレンジを加えつつ、HGUC準拠の関節を仕込んで製作致しました。
[2012年2月完成]

RMS-117_01.jpg

旧キットをベースに、上腕・胴・股間・足首などにHGUCシュツルムディアスのパーツを切った貼ったして使っています。
太もも・ヒザ関節はHGインフィニットジャスティスのものを延長&幅増しして使用しています。

RMS-117_02.jpg


RMS-117_03.jpg

バックショット。
リアアーマーはシュツルムディアスのパーツそのままなのでちょっと長めです。




RMS-117_04.jpg

[各部アップ画像]
・肩のサーベルラックはヒンジ差し替えにより開閉可能。
・首はせり出し式ボールジョイント(イエサブのもの)を使用し、大きく見上げることが出来ます。
・ヒジ二重関節をHGUCジムクゥエルより移植。関節の隙間のバランスを考えた結果「伸縮式二重関節」としています。
・上腕・胴・股間・リアアーマーをHGUCシュツルムディアスより移植。
・股関節は横ロールが出来るタイプのものに。HGUCジムの肩パーツを改造して移植しています。
・ヒザ当てはキットのものをベースに角ばった形状に変更。おゆまる&SSP-HGで複製し左右をそろえています。
・足首はシュツルムディアスのものを幅詰めし小型化・形状変更。
・ふくらはぎのフィン状の部分を開口し、パテ・プラ板で新規製作。
等々です。




RMS-117_05.jpg

横から。

RMS-117_06.jpg

ビームライフル装備。こっち見んな(笑)




RMS-117_07.jpg

肩のサーベルラックを開いた状態。
シールドはネオジム磁石を使い伸縮を再現。




RMS-117_08.jpg

RMS-117_09.jpg

クレイバズーカも装備させてみました。シュツルムディアス供養の意味合いもあります(笑)


RMS-117_10.jpg

首をせり出して見上げる、の図。
当初は首シリンダーを入れる予定でしたが技術的に出来ませんでした(汗)

RMS-117_11.jpg

サーベルを抜こうとして・・・
RMS-117_12.jpg

…やっぱサーベルやめてパンチ!えいやぁ!とぉ!

RMS-117_Hikaku.jpg

キット素組みとの比較です。




いかがなもんでしょうか?
自分的にはシュツルムディアスのパーツが結構うまくまとまったかな?と思っています。
ただ、そのまま使うと全てのパーツがひとまわり以上大きかったので(特に足首)、小型化するのが骨が折れました。
もっともっとハイディテールにしたかったのですが、自分には無理であることに気づき、こんな感じにまとまりました。

色は、赤紫と茶色の色味を、もうちょっと差をつけても良かったかな?と思っています。遠目で見ると同じ色に見えてしまう…。

それにしても旧キットをいじるのは楽しいですね!やめられまへん。
次も旧キットです。ザクキャノンを予定しています。
ただ、今ホントに作りたいのは「1/144ゼータプラスC1」なんですけどね。どこにも売ってまへん(涙)。
HGUCのEx-Sとからめたいなぁ~。

あと、ティターンズMk-IIも押入れ在庫であるので、コレ使って、カトキ氏デザインの「リファイン版バーザム」なんてのも考えてたりしてます。

次はなに作ろうかとあれやこれや考えて悩むのはホント楽しいものです^^

以上、1/144 旧キット ガルバルディβでした。
最後までご覧頂きありがとうございました。

[カラーレシピ]
・本体色(赤紫):パープル + キャラクターレッド + キャラクターホワイト
・胸部など茶色:艦底色 + キャラクターホワイト少量
・腹部・つま先などブルー:ミディアムブルー
・シールド:濃緑色
スポンサーサイト

1/144 ガルバルディβ 製作中 その2

1/144 旧キット ガルバルディβをつくっています。
ようやくサフ吹きました。

RMS-117_b_10.jpg

牛歩のごとくしか進んでいません。
ある程度表面処理しながらサフ吹いたのですが、やっぱり細かい穴がいくつか…。つぶしていくのが一苦労です。
ここからどうディテールアップしていくか、思案中です。
スジボリパターン等、全然思いつかずに困っています。

RMS-117_b_11.jpg


RMS-117_b_12.jpg

シールドはネオジム磁石接続で伸縮を再現しています。

RMS-117_b_13.jpg

なんとなく似合うかな?と思い、クレイバズーカも持たせています。
まぁ、シュツルムディアスの供養という意味合いもあるのですが…。
連邦MSがエゥーゴMSの武器を?
いいんです、ユニバーサル規格ですから。
便利だな~、このコトバ(笑)

1/144 ガルバルディβ 製作中 その1

1/144 旧キット ガルバルディβを作っています。
いろんなキットからパーツを拝借して、改造しています。
可動とプロポーションの両立を目指しているのですが、なかなか…。

RMS-117_b_01.jpg

現状、こんなんなってます。
頭部とバックパック以外基本工作が終わった状態です。

腰・足首・上腕・リアスカート等はHGUCシュツルムディアスから。
太もも及びヒザ関節はHGインフィニットジャスティスから。
白い部分はプラ板及びSSP-HGパテです。
各キットから拝借したパーツも幅増ししたり詰めたり、と、そのまま使ってるパーツはほとんどありません。

RMS-117_b_02.jpg

後ろ姿。
バックパックは未着手。とりあえずキットのまま。
フクラハギのフィン部分はくりぬいてプラ板で作り直しています。
リアスカートはシュツルムディアスから拝借したのでちょっと長めなんですが、コレもアリかな、と。




RMS-117_b_03.jpg

キット素組み状態です。
こうしてみるとそんなに悪くはないスタイルであることがわかります。
1枚目2枚目と見比べて頂くと今回どこをどう弄ったかがお解りいただけると思います。




RMS-117_b_04.jpg

足に関して。
モモ及びヒザ関節はインフィニットジャスティスのものを幅増し、延長。
股間横ロール軸新設。HGUCジムの肩を移植。
ヒザ当て新規作り直し。
足首はシュツルムディアスのを幅詰め、形状変更。
足首の関節はダブルボールジョイントです。

RMS-117_b_05.jpg

ヒジ関節はHGUCジムクゥエルのを仕様。
関節部分が伸び縮みできるようにしました。

RMS-117_b_06.jpg

ヒジを伸ばした状態では、左上の写真の様に第一関節のみ見えるようにし見栄えを良くし、曲げる上体では右上の写真の様に引き出して第二関節を露出させ、下の写真のように90度以上曲げることが出来るようにしました。

RMS-117_b_07.jpg

肩のサーベルラックオープン状態も可能です。
ただし、収納スペースの都合上、ヒンジ部分のみ差し替えが必要となってしまいました…^^;

RMS-117_b_08.jpg

首は仰ぎ見が出来るようにせり出せる関節を使ってます。
シリンダー追加の予定。

RMS-117_b_09.jpg

お気に入りのポーズ。パンチング。
やっぱ股関節を横ロールタイプにするとポーズの幅が広がりますネ!、という自己満足(苦笑)



と、まぁ、こんな感じで進めています。
設定画を見て、リックディアスと似たパーツが多いような気がしたので各パーツにシュツルムディアスを使ってみたものの、大きさが全部一回り大きくてちっちゃくするのに苦労しました。
逆にインフニットジャスティスのモモはちっちゃくて、大きくするのにこれまた一苦労。
なかなかうまくいかないものです。

シールド・武器はまだ着手していません。
ライフルに関しては「システムウェポン002」というのが発売になったのでちょっと惹かれています。
だけど、高っけぇんだよなぁ~、アレ。
シールドはスライドギミック入れようかと考えています。

今回のガルバル、スタイルは藤岡建機版を参考にアレンジしています。
(アレンジというか、忠実に再現する技量が無いだけなんですが…^^;)
今後、ライラさんにもっと気に入られるようにディテールを出来るだけたくさん追加する予定です。


ところで、ライラ・ミラ・ライラって名前って、なんなん?
山本山みたいなもんか?


以上、ガルバル製作一回目の記事でした。
最後までご覧頂きありがとうございました。