1/144 ゼータプラスC1 完成

1/144 旧キット ゼータプラスC1を、HGUC Zガンダム、Sガンダムを絡めた3コイチで製作しました。
[2012年5月完成]

MSZ-006C1_01.jpg

今回、設定画とは多少配色を変えて、胸の部分はブルーの配色としました。

MSZ-006C1_02.jpg

主に、フェイスと胸~腹~腰にHGUC Zを使用し、腕、もも、足甲にSガンを使用。
残りは旧キットのものです。
大腿部直結ビームカノンはプラ板で作り直しています。

MSZ-006C1_03.jpg

サイドショット。

MSZ-006C1_04.jpg

バックショット。

MSZ-006C1_05.jpg

アップショット。
・肩の6角形はプラ板で作り直しています。
・フェイスはHGUCゼータより移植しています。
・ヒザ裏にはメッシュパイプを通しています。
 等々・・・

MSZ-006C1_06.jpg

ウイングはバックパック直結。
よってウェイブライダーには変形しません^^;
あと、背中にしょってるバックパックやウイングの重量のせいで、自立しなくなりました。スタンド必須仕様です^^;

MSZ-006C1_07.jpg

正面より。
グレー部分はエアクラフトグレーよりトーンを下げてベタ塗り。
ブルー部はやや紫よりのブルーとしました。




というわけで一応完成いたしました。
一時はテンション下がってどうなることかと思いましたが、出来はともかくなんとか完成できてよかったです。
このキットを提供くださったmasaさんに、この場を借りて、改めて御礼申し上げます。

以上、1/144ゼータプラスC1でした。
最後までご覧頂きありがとうございました。
スポンサーサイト

1/144 ゼータプラスC1 製作中 その2

1/144 旧キット ゼータプラスC1を、HGUC ZガンダムとSガンダムの3コイチで作っています。
サフを吹いてみました。
MSZ-006C1_b_11.jpg
MSZ-006C1_b_12.jpg
MSZ-006C1_b_13.jpg

サフを吹いてみると、もうこのままでいいかな~、と思っています。
なのであとはちょこっとだけディテールアップして本塗装に入ろうと思っています。






前回から変えたところは、次のような点です。

MSZ-006C1_b_05.jpg

のっぺりした腰サイドビームキャノンをプラ板で作り直しました。(奥はキットのもの。)
MSZ-006C1_b_06.jpg

装着した状態です。ちょっとはマシになった気がします。


MSZ-006C1_b_07.jpg

足スラスターも開口してフィンを付けました。


MSZ-006C1_b_08.jpg

ツノはHGUC Sガンのものを移植してみました。


MSZ-006C1_b_09.jpg

ヒザ裏もディテールアップ。スプリング通しています。

MSZ-006C1_b_10.jpg

どうやって接続しようかずっと迷っていたウイングは結局胴体ではなくバックパックに接続することにしました。




いろいろと不満点は残っていますがこれ以上迷っていても先に進まないのでこのまま行きます。

塗装なんですが、本体色をちょっと薄ブルー系にしようかな、なんて考えています。
が、サフを吹いた状態を見て、もうこれで充分C1カラーじゃん、と思ってしまっている自分がいるので、ひょっとすると本体色はこのままサフのままかも知れません^^;

あ、あと、「非変形」仕様です^^;;;
変形を期待された方、申し訳ありません。

1/144 ゼータプラスC1 製作中 その1

1/144 旧キット ゼータプラスC1を弄っています。
masaさんからの頂き物でして、これはカッコよく仕上げてやらなきゃ!と意気込んだものの・・・
なかなかに手強い相手であります。

ZetaPlusC1.jpg

まずは素組み状態。
masaさんから頂いた時には、嬉しくて、ホント涙モノでした。
仮組みまでしていただいてて、本当にありがたかったです。
masaさん、おおきにっ!

MSZ-006C1_b_01.jpg

現状。こんなんなっております。
HGUCゼータとSガンダムをからめています。
だいぶモッサリ感は解消出来たかとは思うのですが、どうしても気になる股関節の隙間・・・。
でもここを隙間埋めると可動に支障をきたすのでこのままです^^;

MSZ-006C1_b_02.jpg

後ろはまだほとんど手付かずで、ウィングも取り付けていません。
どうやって接続させればいいかも思案中です。

MSZ-006C1_b_03.jpg

ヘルメット一体型だったフェイスは、どうにもこうにもダルダルだったので、くりぬいてZの顔を仕込んでいます。
また、耳も、モールドが甘かったので、Zの耳を移植してシャープ感を出しています。

MSZ-006C1_b_04.jpg

途中放置しているクゥエルと並べてみると・・・。デカいです・・・あまりにもデカい。
頭ひとつ分以上デカい!
最初は気づかなかったのですが、もともとのキットからしてデカめなキットだったようです。




最初は意気込んで作っていたものの、なんだかデカかったり、なによりエッジがダルダルで、しかも細部のディテールやらなんやらどうしようかと思案中だったり、で、どうカッコよく仕上げてやればいいのか迷いっぱなしです。
先が見えません。
ちょっと休憩して違うキットに手を出そうかな、と思っています。
サクッとつくれるヤツでも・・・。