スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

1/144 ディジェ 完成

「おちんちん、かゆ~い。」

今月44歳になるのに、こんな出だしではじめるオイラって・・・orz。

だってかゆいんだも~ん。



ということで、1/144 旧キット ディジェ、ようやく完成しました。
HGUCを意識したスタイルと可動を目指したつもりです。
[2013年4月完成]

ディジェ:左斜め前方より。クリックで拡大:768×1024

旧キット1/144ディジェをベースに、HGUC ザク改(FZ)、HGUC リックディアス等をミキシングしています。


ディジェ:右斜め前方より。クリックで拡大:768×1024

太ももとヒザ関節、肩をHGUCザクFZより移植、加工。
股関節はHGガンダムver.G30thより移植し、横ロールタイプに変更。
上腕、腹部をHGUCリックディアスより移植、加工。
ヒジ関節はHGUCジムより移植。
その他もろもろ。

ディジェ:後方より。クリックで拡大:768×1024

バインダー(放熱板?)は積層プラ板で作り直し。
背面武装として、中央にサブアーム接続のビームピストル、両脇にクレイバズーカ×2丁を装備。


ディジェ:シールド武装。クリックで拡大:768×1024

シールドをHGUCネモのものを持たせてみました。
ネオジム磁石接続。





[詳細アップ]

ディジェ:細部アップ(上半身)。クリックで拡大:600×900

上半身のアップ
・モノアイ可動。リックディアス系を印象付けるために十字タイプに。
・頬のフィン作り直し(0.3mmプラ板)。
・腕の付け根に、球体ジョイント。
・胸部豊胸(プラ板・パテ)。

・肩:HGUCザクFZより移植、加工。
・上腕:HGUCリックディアスより移植。
・ヒジ関節:HGUCジムより移植。
・手はMSハンドジオン系。

・脇にフィン(しいたけ?)。腋毛ボーボーみた~いw
・サイドアーマーにもフィン。

ディジェ:細部アップ(腹部)。クリックで拡大:600×400

・腹部:HGUCリックディアスより移植、延長加工。
・腹の謎パーツ(赤いトコ)はプラ板製作。
・なんかココはよくわかんないパーツですけど、なんとなく開きます。
 開いたらフィン?しいたけ?よくわかんないけど、ソレが見えるゾ、っと。
 (兄さん、しいたけ、ムズいっす!)
 オープンしたら、腰、左右に若干回せます。
・腰のフロントアーマー、サイドアーマーはそこそこ可動。
 でも、ヒザ立ちまで出来る可動域は確保出来ないのよね~。とほほ。


ディジェ:細部アップ(下半身)。クリックで拡大:600×400

・ヒザのフィン(ダクト?)はプラ板製。
・足首アーマー可動。
・くるぶしのバーニア?なんか丸いトコ、は、くりぬいてプラ板でフィンこさえました。
 ※ここのパーツの製作方法に関しては、和茶さんのディジェを参考にさせて頂きました。
  和茶さん、ありがとうございました。
・その、中を覗くと3連丸バーニア。

ディジェ:細部アップ(背面)。クリックで拡大:600×800

・羽根(放熱板?)は0.3mm積層プラ板で作り直し。
・その羽根のバックパックとの接続基部には、ポリキャップを仕込んで、動きます。
・クレイバズーカ2丁、両サイドにしょってます。
・背面中央に、ビームピストル、しょってます。




[ギミック]

ディジェ:ギミック(首)。クリックで拡大:600×1200

・首には、プロモデラーのmitsu.永田氏考案のギミックを丸パクリして仕込みました。
 見上げるとシリンダーが露出する、素晴らしいアイデアのギミックでした。
 永田様、ありがとうございました。丸パクリしてスイマセン。


ディジェ:ギミック(シールド)。クリックで拡大:600×400

・右肩のシールド。この接続は、L字接続(MGザクVer.2.0のシールド接続タイプ)にしています(自作)。
 なので、かなり自在に動きます。
・その、内部にはライフルの予備カートリッジ×1ケあり。


ディジェ:ギミック(サブアーム)。クリックで拡大:600×800

・背面中央にはディアスのビームピストルを1丁装備させています。サブアーム接続で。
 元アイデアはググってパクリました(作者様のお名前失念)。
 で、そのアームは、このように伸ばせます。





ディジェ:サイドショット。クリックで拡大:768×1024

サイドショット。
結構キレイなラインが出せたのではないか、と思います。
ま、自己満足ですが^^;


ディジェ:正面。クリックで拡大:768×1024

真正面。
あ、そうそう、今回最終のつや消しクリアーのコートでちょっと失敗しちゃったのよね~。
結構ショック・・・。




[みんな大好きアクションポーズ]

ディジェ:アクションポーズ(ナギナタ)。クリックで拡大:768×1024

ナギナタをブン回すゼっ!


ディジェ:アクションポーズ(ビームライフル)。クリックで拡大:768×1024

ビームライフル ドキュ~ン。


ディジェ:アクションポーズ(パンチング)。クリックで拡大:768×1024

そしてオラ的お気に入り、
ご存知「そりゃっ!パ~ンチっ!」のポーズw

こんだけいろいろ武装してんのに、最終的にはパンチで敵をやっつけるの!?アムロ?みたいなw





[元キットとの比較]

ディジェ:旧キットとの比較(その1)。クリックで拡大:600×450
ディジェ:旧キットとの比較(その2)。クリックで拡大:600×450

リフォーム前、リフォーム後のお姿。
なんということでしょう!?
頭2個分以上、ご成長なされましたw

ま、しゃ~ないですわな^^;




はてさて、なんとか完成までこぎつけたわけですが、どんなモンでしょうか?

製作前(3ヶ月前)に、今回の製作コンセプトみたいなものをメモ書きしてたもんがコレです↓
メモ


今読むと、結構笑えますw

・「プロポーション」と「ディテール」、「ギミック」の3拍子。
・ええとこどり。
・真似っこモデリング。
・「しいたけディテール」「mitsu永田首」「シリンダー」てんこもり。
・以上の絶妙なバランスをどうするか・・・

・・・

なに言ってんねん、3ヶ月前のオイラw ってかんじぃ~w

果たしてこのメモにあるとおりのことが今回ちゃんと出来てるかどーかは、この記事をご覧の皆様に判断をお任せします。

が、

個人的には、
「もうちっと細部と仕上げ、キレイにつくろうよ、オレorz」

ってな感じでしょうか。


あ、あと、真似っこもいいんですが、なにかひとつ「Joniponオリジナル」なディテールとか、編み出したいですネ^^


あ、それと、今回、動画作ってYouTubeにUPしてみました。
といってもぐるぐる回ってるだけ~、なんですが^^;
もしよろしければ、お時間ございましたら、ご覧下さい。






[カラーレシピ]
・本体色:エアスペリオリティブルー + ライトブルー
・胸部、スカート等紺色:ネービーブルー
・関節、メカ部:明灰白色 + ニュートラルグレー
・武器:
  クレイバズーカ、ビームピストル・・・MSグレージオン系
  ビームライフル・・・ファントムグレー




[100000ヒット御礼の件]

長々とした当記事を最後までお読みいただきありがとうございます。


おかげさまで、当ブログの総アクセス数が100000ヒットを達成致しました。
これもひとえに、日頃アクセスいただいている皆様のおかげです。

ブログ開設から約2年。
当初は考えもしなかったアクセス数に驚くとともに、非常に感動、感謝している次第です。
本当にありがとうございました。

今後も頑張って、ガンプラ製作に勤しみたいと思いますので、引き続きアクセスのほう、何卒よろしくお願い致します。


というわけで「1/144ディジェ完成」の巻でした。

次回「バウンド・ドック製作編(予定)」でお会いしましょう。
ではまた。

ちゃお♪
スポンサーサイト

1/144 ディジェ製作記 その4

Yahooの検索で、「おっさんが」とキーワードを入れると、キーワード入力補助でちゃんと「おっさんが作るガンプラ」ってのが出ることを最近知って、小躍りしているオイラです^^

いやはや、ホント、ありがたいことです。

他にも、「ガルバルディ」と検索すると検索結果の上位に来てたり、ちょっとは当ブログも認知されているようで、誠に嬉しい限りです。

気づけばトータル10万アクセスも目前という、開設当初は信じられない出来事ばかりで、これもひとえに日頃アクセスしていただいている皆々様のおかげでございます。

本当にありがとうございます。


ということで、1/144 旧キット ディジェを製作しています。
HGUCを意識したスタイルと可動を目指しているつもりです。

現在絶賛塗装中です。

MSK-008_b_24.jpg
MSK-008_b_25.jpg


結構塗り分けが多くてマスキングに難儀しております。

首シリンダー部はこんな感じで塗り分けています。
画像アップにするとヒドいね、こりゃ^^;
シリンダーのゴールド部分にはアクセントで赤のラインを入れましたが、ちょっと幅が広すぎたかな?と。

胸のダミーコクピット(?)部分もこんな感じで、アクセントにシルバー、ゴールドで塗り分け。


MSK-008_b_26.jpg
MSK-008_b_27.jpg


貼るデカールも一考。
肩に、カラバマークとアムロのAマークを貼ろうと考えています。
ってか、これ、カラバのマークで合ってますよね?


あと、どこかに「Karaba Air Force」ってのも入れたいですね。
インレタでも使うか・・・




お蔭様で、先日のメタルボックス:模型コンテスト9」にて、ボリノークサマーンが、ガンプラ部門第2位という、最高の結果を頂くことができました。
投票いただいた方々、応援して頂いた方々、本当にありがとうございました!
深く御礼申し上げます。

metalbox_contest_get.jpg



で、2位の景品として頂いた2000円分の商品は、サイコガンダムに化けました^^
売価4200円だったので、約半額で念願のサイコガンダムを買えた、ということになります。

あと、参加賞として、LBXと、1/144の戦車のレジンキット、あと、アクリル塗料4コ、1/100バンダイMSハンドも頂いてしまいました。
メタルボックスさん、なんて太っ腹なんでしょう!

ホント、ありがとうございました。


LBXは何かに使えないか?と思案中ですし、サイコガンダムは・・・

Mk-II に 化ける予定です。

ART SPACE


↑コレね、コレ。


来年のメタルボックスさんのコンテストに間に合うよう、製作する予定です。



とにかく今、無性にデカ物をつくりたいのです、オイラ。


1/144 ディジェ製作記 その3

ども、僕です。

ワンフェス見学以来、フィギャーがつくりたくってしょうがないと思っている今日この頃です。
磯山さやかさんみたいな、ムッチムチのんとか・・・。

まあ、オイラなんかにゃ一生かかってもできっこないんですけどね^^;


というわけで、1/144 ディジェを製作しています。

その3にしてようやく製作記らしい記事になってしまい申し訳ありません。

基本工作が完了しましたので記事更新させて頂きます。

MSK-008_b_10.jpg

肩と太もも、ヒザ関節は形が似ているHGUCザクFZより移植。
股間は横ロールタイプに変更しています。

MSK-008_b_11.jpg

リックディアスの名残りを感じさせるため、上腕、腹はリックディアスより移植。
(上腕のリックディアスはマスターピースのパクリですが・・・)
あと、モノアイも十字にしてリックディアスっぽさを残しました。

MSK-008_b_12.jpg

右肩シールドは、MGザクVer.2.0タイプの接続方法を採っていますので、そこそこ動きます。
背中の羽根は放熱板らしいので、放熱板らしく0.3mmプラ板×5枚積層にして、それらしく。
いっちゃん外側の枠の部分は0.5mmプラ板で作っています。

製作記その1のイラストにあったように、武装としてクレイバズーカ×2、中央にディアスピストル(っていう名前だったっけ??)を背負っています。

MSK-008_b_13.jpg
MSK-008_b_14.jpg
MSK-008_b_15.jpg

前回も記述した、mitsu永田さんの首のパクリ。
上から通常ポジション、見上げる、見下げる、の状態です。
この首、表情付けには非常に効果的で、これを考え出されたmitsuさんはホントすげーなー、と。
ただ、これ、精度がすごく必要で、2回作り直すハメになりました。
(ちょっと軸の位置がずれるだけで、天板が斜めに持ち上がったりしてしまいます)

MSK-008_b_16.jpg

脇の下に腋毛、生やしたりしてます(笑)
ヒジの丸凹内にディテール。
ここはブキヤの丸パーツとか使うほうがいとも簡単なんでしょうが、見られた方が「あー、ブキヤのアレね」とか思われてしまうのがなんかヤだったので自作してます。
といってもやっつけ仕事な、簡単なモンですが・・・。
4mmポンチ抜きを底(ベース)にして、3mmポンチ抜きを半円状にして貼り、仕切りは0.3mmプラ板です。

MSK-008_b_17.jpg

ヒザの丸凹にもヒジと同様のディテを。

MSK-008_b_18.jpg
MSK-008_b_19.jpg

真ん中の背負い物のビームピストルは、どー考えても手で取れねーだろ!?ってことで、コイツはサブアームでつかむ、という仕様にしています。

MSK-008_b_20.jpg

ここ、なー(苦笑)
えー、っと、胴体の、ココ、一体なんなんでしょーねー(笑)
ディジェのコックピットは頭にあるんで、じゃあココは何?って話になると思うんですが・・・
いちおうオラ的設定(?)としては、
「ディジェはデザイン上腰を回せないが、非常時にはロックをはずして、回転させることが可能である」
なんてワケわからんことを設定として与えてたりしてます^^;
そして開けたらしいたけ?みたいな。

完成させたら二度と開かないでしょうね・・・

MSK-008_b_21.jpg
MSK-008_b_22.jpg

素組みとの比較。
一目瞭然ですね。

ご覧のように身長、かなり伸びてます^^;

言い忘れましたが、白い部分、ほぼプラ板と考えてください。
厳密には「アルテ粉+シアノン」も使っていますが。

MSK-008_b_23.jpg


さて現状こんな感じになってますが、果たしてカッコよくなってるんでしょーか?
いつも思うんですが、作業中そればっか見てるからよくわかんなくなるんですよね。

たぶんコイツはHGUC化されない!と思うので、のんびりやっていきたいと思います。


次回更新は恐らくサフ画像かと思います。

ではまた。

撮影環境のお話 & ディジェ製作記 その2

ん~
頭痛が痛い・・・
喉も痛い・・・

インフルか?


あ、ども、僕です^^


先日お友達のmasaさんから、
「Joniponの写真は綺麗ですね~」
な~んて、嬉しいことをおっしゃって頂きましたので、今回は「自分の撮影環境はどんなんか?」というお話をさせて頂きたいと思います。



satsuei_kankyou_01.jpg

まず用意するものは、

 ・デジカメ
 ・ライト×2
 ・グラデーションペーパー(背景用紙)

が一応メインで必須かなぁ、と。


まずデジカメ。

自分の使ってるのはどんなんかというと、もちろん一眼レフ!・・・なんかじゃなくって、極めてフツーの、バカチョンってゆーの?それです。
satsuei_kankyou_02.jpg

4~5年前に購入した、IXY Digital です。

これを、設定:マクロ、ISOオート、ストロボ禁止、露出補正を左寄り(-2/3)にして使う場合がほとんどです。
露出補正っちゅ~のは、よくわかりませんが、自分が試した限りでは、これが0のままだとちょっと色味が飛んでしまったので、マイナス寄りにして使っています。
要するに色調(トーン)を抑え気味にするわけです。(←ホンマか?ww)
なんかこの辺りはよくわかりません^^;
なんとなくデジカメ設定弄ってて「こんな感じかなぁ~」って、勘で使ってるんで・・・^^;

もちろんデジカメによって設定値は違うと思われますので、いろいろ試されてお気に入りの設定で使われるのが良いかと。

次にライト。

上の画像のように、斜め前方から2方向からライトを当てております。
量販店で買ったアーム式のデスクライトですね。

これに付属する電球を、昼光色の蛍光灯電球に換えて使っております。
光を抑える為に光源の前にトレーシングペーパーをあてがう方もいらっしゃるようですが、自分はそのまま「ドバァーっ!」とライトを被写体にあびせています。

最後に、masaさんも問題視されていた、背景用紙(グラデーションペーパー)。

自分が使っているのは、
写真電気工業株式会社 製
プリントバックペーパー 7色セット
http://www.net-sd.co.jp/sdtown/4f/sd3707.html

っちゅ~のんの「No.11:ブラック」(※)をメインで使っています。

(※な、なんだよぉ~!今は単体で発売されてるんかいなぁ~!!自分が買った時は7色セットしかなかったでぇ~!!こんちくしょうめ!カネ返せっ!w)

masaさんに言われるまで気が付かなかったのですが、このグラペは光をよく吸収してくれて、極力反射を抑えてくれてるスグレモノのようです。
masaさんから報告のあったように、某ネットショップのグラペの中には反射してしまうタイプもあるようなので注意が必要かも知れません。

なお、自分が使ってるこのバックペーパーは7色セットなのですが、他の色は、正直、ガンプラの背景としてあまり使えるものではないので(ピンクとか使いませんからっ!w)、ほとんど使ったことありません。
ただし、「ブルー」は、水モノMSに使うとイイ感じになるかも知れません。


以上3点が写真撮影のマストアイテムとなりますでしょうか?


それ以外では、自分としては「三脚」にもこだわってるつもりです。
satsuei_kankyou_03.jpg

JoshinWebで購入した、どっかの三脚です(どこのんか忘れました^^;スイマセン・・・)

100均のやっすいやつで充分かとは思いますが、俯瞰や仰ぎ見たり、あるいは傾きなど、いろいろ調整できるほうが便利かと思い、ちょっと高めのヤツを数年前に購入しました。
これと、セルフタイマーを組み合わせて撮影する場合がほとんどですかね~。

あとは、撮った写真をPhotoshopで切り取って、サイズ変更して「一丁あがりっ!」ってな感じでございます。


以上、masaさんへの個人的ご報告も兼ねた「Joniponの撮影環境」のお話でした。

なにかのお役にたてれば幸いです。




「ところでディジェはどうなってんの?」

っちゅ~お声が聞こえてきそうなので、こちらは後日、もうちょっと詳細ディテールまで進んでからうpしようと思っておりましたが、今回せっかく撮影セットを組んだので、一応現在進んでるところまでご報告させて頂きます。
MSK-008_b_05.jpg

現状、ここまで進んでおります。

のち、バックパック・羽根・武器の製作、そして、ディテールや細部ガッタガタなところの作り直し、と進めて参ります。

MSK-008_b_06.jpg
MSK-008_b_07.jpg
MSK-008_b_08.jpg

現状、自分なりに頑張ったトコロ:首まわり。
敬愛するモデラー、mitsu.永田さんの首をパクってみました^^;
ま、とてもじゃないが、あんな精度は出てませんが・・・。



と、まあ、一応ここまで進んでるんだZE!

もうちょっと進んでから詳細のほう、製作記としてうpするZE!!


・・・でもココへ来て製作がちょっと失速ぎみだZE!!!


みんな、オラにパワーを!!!!
MSK-008_b_09.jpg


ってなコトで、また次回!
ちゃお♪

(そろそろ自分、キャラを定めなきゃ・・・)

1/144 ディジェ 製作中 その1

1/144 旧キット ディジェを製作します。

アムロが搭乗した機体なのに、いまいち人気が無い、しかも劇場版Zでは、存在そのものが無かったことになってしまった不遇のMS、ディジェ。
今回は、コイツを、キットをベースにかっちょよく改造するというのをテーマとして製作に取り組みたいと思います。

まずは方向性。
理想のディジェ像を探すところから始めるわけですが、先日noblesnowさんからコメントで、ひと目で「ビビビッ」と来たディジェのイラストをお教えいただきました。

MSK-008_b_02.jpg


メッチャかっこよくないッスか!?
リックディアスにもつながる、ファットな体型がなんともいえません!
noblesnowさん、教えてくれてありがと~^^


目指すプロポーションはこの方向で行きたいな~と思いつつ、もうちょっとネットで検索。
Pixivとかいろいろ調べてみましたが、う~ん、出てこないなぁ~。
やっぱ人気ないからみんな描かないのかなぁ~?

今度は「1/144 ディジェ」をキーワードにして、みなさんが作られた作例を検索。
そこで見つけた、ブロ友の和茶さんのディジェ!
これは非常にカッコイイ!です。グッと来ました。

画像は、無断拝借するのは申し訳ないのでここには貼りませんが、ご興味あられる方はぜひ和茶さんのブログへ行ってみてください。
力作です!



さらに検索して、B-CLUBのディジェも見つけました。
MSK-008_b_04.jpg

こちらは一転してスリム方向に振ったディジェ。
ん~、これはこれでアリかもですね~。


いろいろ見回って、一応方向性はnoblesnowさんに教えて頂いたモノを目指し、自分流にアレンジして、美味しく料理してあげたいと思っております。



というわけで、キットの素組みです。
MSK-008_b_01.jpg


・・・美味しくなるのか?コレ・・・
自信がありません・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。