スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

告知

このたびご縁があり、大阪の泉大津市にある、「ガンプラバー SIDE7 ロードナイト」(URL:http://gunpla-bar.jugem.jp/、TwitterID:@bartendergunpla)様に、当方製作の、バウンドドックを、只今展示させて頂いております。

もしよろしければ、お立ち寄り頂き、ご覧頂きますと、当方、小躍りして喜びます^^

どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

※お酒を出すお店(バー)につき、20歳未満の方のご来店の場合は、保護者の方(20歳以上)の付き添いが必要です。
もちろん20歳未満の方は、たとえ保護者同伴でも、アルコール類は一切飲めません。

15066889070.jpeg

15066888900.jpeg

※ケース内につき、お手を触れられることは申し訳ありませんができません。




バウンドドックの変形の様子を、動画で、ツイッター上に上げております。ご興味、お時間ございましたら、どうぞご覧くださいませ。








以上2点、何卒よろしくお願い申し上げます~!m(_ _)m
スポンサーサイト

ガンプラバーに出没して参りました(´∀`)

先日、12/8(日)、仲良しモデラー:Hガシさんをお誘いして、大阪の千日前にあります、ガンプラBAR2号店:アクシズ-IOLITEさんに、お邪魔して参りました。

Hガっさん!本当に、ありがとう~(´∀`)
おかげさまで元気が出ました♪

そして、マスター!
お店のテーブル占拠して、大々的におっぴろげちゃって、本当にすいませんでした・・・m(_ _)m



BOUNDODOC_and_SEIRA_MAS.jpg

※画像はHガシ氏提供によるもの。(無断拝借w)


う、う~む・・・

やっぱ、セイラさんは、イイ女ですねぇ~( ゚ω^ )b

オラのバウンドドックが完全にかすんでしまってまんがな。Σヽ(`д´;)ノ うおおおお!ムッキィーー!!・・・

このクッション、誰か、オラに、くれーーっ!!
(魂の叫び)




さて、その、オラザクに応募した際の、編集部に送らせて頂いた書類(ファイル)一式を、イキナリですが、公開させて頂きたいと思います。

[使用したもの]
 ・デジタルプリント
 ・ナカバヤシ:フエルアルバム(ペタペタ貼れるヤツ)
 ・イメージ画像など
 ・コメントやロゴ(印刷&手書き)

ORAZAKU_HJ_201501_ALBUM01.jpg

表紙。


ORAZAKU_HJ_201501_ALBUM00.jpg

中はこんな感じ。


ORAZAKU_HJ_201501_ALBUM02.jpg

概要。


ORAZAKU_HJ_201501_ALBUM04.jpg

ORAZAKU_HJ_201501_ALBUM05.jpg

ORAZAKU_HJ_201501_ALBUM06.jpg

以上、「バウンドドック」の解説及び詳細、説明書き。


ORAZAKU_HJ_201501_ALBUM07.jpg

モビルアーマー形態の写真、説明。


ORAZAKU_HJ_201501_ALBUM08.jpg

ORAZAKU_HJ_201501_ALBUM09.jpg

ORAZAKU_HJ_201501_ALBUM10.jpg

ORAZAKU_HJ_201501_ALBUM11.jpg

以上、「バウンドドック・リペアード」の写真、各パーツUP、説明書き。


ORAZAKU_HJ_201501_ALBUM12.jpg

HGUC Zガンダムとの大きさ比較写真。
及び、コンパチならではの「遊び要素」の説明写真。


ORAZAKU_HJ_201501_ALBUM13.jpg

コンパチ(換装)の説明ページ。

ORAZAKU_HJ_201501_ALBUM14.jpg

参考とさせて頂いたイラスト、デザイン。

ORAZAKU_HJ_201501_ALBUM15.jpg

製作途中の写真。


ORAZAKU_HJ_201501_ALBUM16.jpg

目を通して頂いたお礼の一文。


ORAZAKU_HJ_201501_ALBUM17.jpg

密かに「ウケ」を狙った、パイロット:ジェリド・メサのラクガキ
(ジョニポンは「絵心ないモデラー」なのです)


ORAZAKU_HJ_201501_ALBUM18.jpg

細かい配慮(?)として、見出し(ラベル)も忘れずに。





・・・といった感じで、応募アルバムを送らせて頂き、自分でもまさかの金賞を頂くことが出来ました。

今回の審査員の方々が仰られていた「プレゼンテーション」的なモノが、今回の受賞に大きくつながったのかな、と、自分では思っております。

事前に、「送るなら、断然フォトブック的なもので送ったほうがいい!」
とのアドバイスを頂きました、Hグ氏をはじめ、各モデラーの皆様には、心より御礼申し上げます。

(「フォトブック」の、お店での注文方法がわからず、結局フエルアルバムという、超「アナログ」的なモノしか、自分には出来なかった、思いつかなかった・・・というのは、ここだけのヒミツですw)




来週14日は、以前から非常に興味のあった、天理の、とある合同製作会に、お邪魔させて頂く予定です。

(最近無性に、子供さんたちと一緒に、ワイワイ楽しく作ってみたいな、そんな気分の私です♪
子供さんたちの、一生懸命に作っている姿を見て、初心を取り戻し、また、将来的に、そんな活動が出来たら・・・。
そんな思いで一杯の、最近の私です^^)


というわけで、当日展示させて頂くレイアウトも決めました。

BOUNDODOC_RAYOUT.jpg

・・・すっげぇ~スペース取って、ヒジョ~に、邪魔・・・w 
大丈夫かなぁ~・・・。怒られそう・・・^^;


ではまた^^

最後までお読み頂きありがとうございました。

ご報告~第17回全日本オラザク選手権 金賞受賞の件、お礼~

先日11/25発売になりました、「月刊ホビージャパン 2015/1月号」にて、

発表になりました「第17回全日本オラザク選手権」において、

当方製作の「1/144バウンドドック」が、BF部門にて、

金賞という、大変名誉ある賞を頂くことができました。

心から嬉しく、又、本当に光栄に思っております。

審査員様ならびに編集部の皆様、本当にありがとうございました。

また、製作の上で、多大なインスピレーション、アイデアを頂きました、イラストレーター様であられます「Ledjoker07」様には、心から御礼申し上げます。

そして、製作中ならびに製作後も、実に多くのモデラーの皆様から、お褒めのお言葉、励ましや勇気等々を頂戴し、そして、様々なアドバイスや「気づき」「ヒント」を下さった皆様がたにも、心から、心から御礼申し上げたいと思います。


私ひとりの力では到底成し得なかった賞であることは間違いありません。

皆様のお力をお借りして初めて獲れた賞だと思います。

今は全てやり尽くした感で一杯で、正直「ホッ」としております。

とはいうものの、又模型熱が復活し、「ガンプラつくりたい病」が再発したら(笑)、リハビリを兼ね、今まで以上にマイペースで、気負うことなく、そして、まずは、評価される為の創作、というよりも、自分の満足の為に、模型製作を続けていけたらな、そう思っております。



長文駄文となり、誠に申し訳ありません。


最後に、ひとことだけ。



「あやちゃん、見てる!? パパ、やったで!! (^_^)v」



お読み頂きありがとうございました。




『ガンプラ、全肯定!!

 ガンダム、全肯定!!

 モケイ、サイコー!!』


ジョニポン

1/144 バウンド・ドック & バウンドドック・リペアード 完成

スクラッチビルドで1/144バウンドドックを製作致しました。

普通の設定画重視のスクラッチだけでは物足りないと自分の中で思っていたので、ネットで見つけたイラストを元に、オリジナルバウンドドックとのコンパチ仕様にしました。

また、ミライトを仕込んで、若干ですが電飾にも挑戦しています。

(2014年2月完成)




[1)設定画風バウンド・ドック MS形態]

まずは設定画風のバウンド・ドックです。

NRX-055_01.jpg

バキュームフォームやプラ板、パテ類を用いたスクラッチです。
とはいえ、流用キットも当然ありまして、胸部はHGUCザクFZを芯にし製作。
下半身も大腿部~膝関節はMGガンダムMk-II ver.2.0を、下足はMGハイザックを左右分割してから流用しています。


NRX-055_02.jpg

バックショット。
盾はALLプラ板製。
スカートのこの丸みを出すのが難しかったです。
3連バーニアはウェーブの大きいものに手を入れています。


NRX-055_03.jpg

バストアップ。
頭部は一応HGUCヤクトドーガを芯にしてエポパテで作りましたが、芯の役割を果たさないほど面影がありません。
エポパ削りだしみたいなものです。

モノアイはミライトを仕込めたので光らせることが出来ます。

左肩の丸アーマーはダイソーの計量スプーン製です。

NRX-055_04.jpg

右肩の球体はガンダムエクシアの股関節より流用。
その他はプラ板、エポパテ製です。

肩の盛り上がっているところにもミライトを仕込んでボーッと光るようになっています。

NRX-055_05.jpg

スカート前方のスリットもフィン状に薄プラ板で製作し、左右とも中にミライトを仕込んで発光するようしかけになっています。

NRX-055_06.jpg

後方バーニアもミライトで光ります。
内部は2重構造になっています。

NRX-055_07.jpg

シールドにもミライトを仕込み、中からメガ粒子砲が出せるギミックを仕込んでいます。


NRX-055_08.jpg

力強い煽りでのショット。





[2)設定画風バウンド・ドック MA形態]

このノーマルバウンドドック形状でなら、モビルアーマー形態にも変形できます。
かなりクリアランスがシビアなので、抜き、再度差し、的なアクションは必要ですが、ほぼ設定どおりの変形には出来たかな?と思っています。

NRX-055_10.jpg

前方より。
設定とは足の膝の曲がり具合が逆ですが、まあ、ご愛嬌、ということでご勘弁下さい^^;

NRX-055_11.jpg

後方より。

NRX-055_12.jpg

甲羅(スカート)の内側のディテールです。
もうちょっとケーブル通したりハイディテでも良かったかもしれません。
ただ変形時に詰まる中身との干渉があるのでこの位でディテはやめておきました。




[3)オリジナルバウンド・ドック「バウンドドック・リペアード」変身ギミック]

上記の設定画風MS、MAでは物足りなく思いましたので、要所要所のパーツを差し替えて、遊べるようにしました。
(ガンダムフィックスフィギュレーションのように。)
ま、お遊び要所ですネ^^


NRX-055_09.jpg

この、ノーマル状態のバウンドドックから、

NRX-055_13.jpg

上記パーツ画像にあるパーツ類(右手、足首、左肩アーマー、シールド、バーニア、胸部、襟、など)を取り外します。

NRX-055_14.jpg
NRX-055_15.jpg

取り外した状態が上記状態です。

NRX-055_16.jpg

そこに上記リペアード用のパーツをネオジムでくっつけて。。。

NRX-055_17.jpg

「バウンドドック・リペアード」の完成です。




[4)バウンドドック・リペアード]

バウンドドック・リペアードと名付けたこのバウンドドック。
pivixで見つけたLedjoker07様のイラストに多いに刺激を頂き製作いたしました。
そこにAOZのダンディライアンの要素を加えて仕上げました。

NRX-055_29.jpg




設定的には
「大破したバウンドドックに、ティターンズ武器倉庫に転がってたジャンクのダンディライアンその他試作兵器のパーツ類を急遽取り付けた」
というオラ設定です。

NRX-055_18.jpg

NRX-055_22.jpg



NRX-055_19.jpg

バストアップ。
右ひじに燦然と輝く「海魂」。
ワンポイントとしては最適なエッチングですね♪

NRX-055_20.jpg

内部もシリンダーなどを配し、スキをなくしたつもりです。

NRX-055_21.jpg

股間のメガ粒子砲は折りたたみ可(内側に収納)です。


NRX-055_23.jpg

リペアードでは、強力推進ジェットエンジンバーニア(?)を中央に配し、航続距離を保つために左右にタンクを仕込んだ、という設定です。


NRX-055_30.jpg

ランドセルも強化し、両脇にプロペラントタンクを配してみました。


NRX-055_24.jpg

ダンディライアンの足首。
プラ板でのスクラッチです。

NRX-055_25.jpg

ダンディライアンのシールド。
ダイソーのれんげを芯にしてヒートプレス。

NRX-055_26.jpg

ロングビームライフル。
持ち手周辺にはキットのジャンクのビームライフルを使い、その他はプラ板、ダイソー編み棒を組み合わせたスクラッチです。

NRX-055_27.jpg

以上が「バウンドドック・リペアード」詳細説明となります。




最後に、HGUCゼータと大きさ比較の為に2ショットしてみました。

NRX-055_28.jpg

デカイーーーッ!
もはや1/144でなないですね、やっぱり。。。トホホ...。






ということで、以上でバウンドドック完成記は終了です。

途中いろいろありましたが、製作を応援してくださった皆様、アドバイス頂いた皆様、そして、立体化及びイラスト掲載の許可を頂いたpivivのLedjoker07様には心から感謝いたしております。


最後までご覧頂きありがとうございました。

1/144 バウンド・ドック 製作中 その5

前回の復帰記事に関しましては、多くの皆様のあたたかいコメントを頂戴し、誠にありがとうございました。
心より御礼申し上げます。

さて、スクラッチしておりましたバウンド・ドックに関しましては、既に完成し、モデラーズギャラリー様に投稿させて頂いておりますが、製作記がちょっとスッとんでしまいましたので、今回製作記をもう一回だけ記事にさせて頂き、その後あらためて「完成記事」としUPさせて頂きたいと思いますので何卒よろしくお付き合い下さいませ。


・・・って、前回の製作記ってどこまで記事にしてたっけ??と思い出しながら書いておりますので、もし前回の製作記と重複する部分がありましたら誠に申し訳ありません^^;


[前回の製作記その4からの続き]

・・・というわけで、まずはシールド内に仕込まれているメガ粒子砲の製作です。

NRX-055_b_60.jpg

パイプの色を見て頂ければお解りの通り、ダイソーの編み棒を組み合わせて製作しています。
設定どおり伸縮もします。


NRX-055_b_61.jpg

シールドのフタがパカッと開いて、アームが伸びて砲撃体制もできます。


NRX-055_b_62.jpg

ビームライフルは、当初LBXシリーズの武器をベースに製作を試みましたが、カタチが全然違いましたので、プラ板で自作しました。



NRX-055_b_63.jpg

スカートの裏側のディテールです。
主に、余りものの「コトブキヤMSG」を貼り付け、ゴチャディテを製作しています。
カブトガニの裏側みたいですねw


NRX-055_b_64.jpg

MAに変形した時の、裏側からのショットです。
なんとも窮屈そうで、いやはやなんとも・・・^^;


NRX-055_b_72.jpg

完成時のショットで申し訳ないですが・・・^^;
このランドセルは「リペアード」時の、強化型ランドセルとして製作致しました。
(設定画のランドセルって、余りにも貧相なんですよね・・・^^;)

ダイソーのネオジムで交換可、としています。



NRX-055_b_65.jpg

NRX-055_b_71.jpg

このバーニアエンジンは、リペアード時にくっつける為に製作しました。
たいすけさんのドムの足のエンジンと、ネットでググったジェット機のエンジンを参考につくったつもりですが、完全に敗北ですw 足元にも及ばないレベルの出来で自分でも「ガックシ・・・」です^^;

設定画バージョンでは後方3連バーニアとなってますが、強化型リペアードでは中央のみ、この大型強力エンジンを配し、左右のバーニアのトコには大型推進タンクを配する仕様に仕上げています。

この交換もダイソーのネオジムを使っています。


NRX-055_b_66.jpg

リペアード時に持たせるためのシールド。
これは、まんま「AOZのダンディライアン」を模して製作しました。

真ん中のツルンとした曲面部分は、これまたダイソーで購入した「プラ製れんげ」を芯にして、カタチを整えバキュームフォームで製作しています。





NRX-055_b_68.jpg

設定画バージョンの右腕と左肩アーマー、シールド、足首を交換可、そしてスカートの前方を脱着可能として、そこにメガ粒子砲を配し、強化型バウンドドック「リペアード」の全体像です。

足首もダンディライアンのパーツを自作し、右手部分は完全スクラッチビルドで製作しています。
あ、右肩に付いてるシールドみたいなパーツのみはダブルオーの「GNアームズ」のパーツから流用しておりました^^;スイマセン・・・^^;


NRX-055_b_69.jpg

「どうせなら、強化型バージョンのほうには、何か強力な武器も持たせたいよね~」
ってコトで、これまたダンディライアンの長尺ビームライフルを自作し持たせてみました。






NRX-055_b_70.jpg

HGUCゼータとの大きさ比較です。
「デカッ!!」

ほぼ2倍ありますw
測ったら25cm弱ありました(´Д`)




ということで「バウンドドック製作記:その5」、以上となります。

次回は完成したものを一部写真取り直しし、記事UPさせて頂きたいと思いますのでよろしくお願い致します。

では。
最後までご覧いただきありがとうございました。



1/144 バウンド・ドック 製作中 その4

1/144 バウンド・ドックをスクラッチで製作しております。
現状報告です。

スカートとシールド(MA変形時のフタ?)が出来ましたので装着してみました。

NRX-055_b_51.jpg

ようやくバウンドドックらしくなってきたように思いますがいかがでしょうか?


NRX-055_b_52.jpg

シールドにあるモノアイ、光ります。
(またミライトを使用w)
写真には写ってませんがシールド後方部のメガ粒子砲収納箇所もフタがパカッと開くようになってます。


NRX-055_b_53.jpg

MA形態に変形。
スカート前方にある、なんかよくわからない赤いスリットも光らせてみました。
ヘッドライトでしょうか?w


NRX-055_b_54.jpg

MA形態時後方より。


NRX-055_b_55.jpg

3連バーニアも例によってミライトで光らせます。
ブルーの光ってキレイですね~^^


NRX-055_b_56.jpg

こちらはガウォーク?状態。
足の生えた「おまる」ですw


NRX-055_b_57.jpg

ガウォーク状態時に下から覗き込んだ様子。
とっても窮屈そうですw





バキュームフォームについて少々。

今回、スカートはバキュームフォームにて製作しています。
ただ、原型が下の写真のようにかなりデカ物でしたので、プラ板を電熱器(コイル?が渦巻状になってるやつ)で熱する際、まんべんなく熱するのは至難の業でした。
(A4サイズ以上のプラ板を熱する必要があったので)

NRX-055_b_58.jpg

そこでツイッターにて相談したところ、シュンさん(shunnneigeさん)から「自分はトースターで熱したよ~」とのご回答が!
なるほど!その手があったか!
ってなことで自分も真似しようとしたところ、ウチのトースターは食パン一枚しか焼けないミニマムなもの・・・。

何か方法はないかと思ってたところ、ウチの電子レンジが「オーブン機能付きレンジ」であったことに気づき早速実験。
クズプラ板を使用して何度も溶け具合(たるみ具合)を模索し、ようやく「オーブン設定温度250度で8分(1mmプラ板の場合)」で、なんとか無事成功いたしました。

NRX-055_b_59.jpg

そうやって1mmプラ板製バキュームフォームを2枚重ねして、今回スカートを製作しております。
おかげ様で、たわみのない、結構しっかりしたスカートが出来たと思ってます。

ヒントを下さったシュンさんに心より感謝!です^^

もし大型のバキュームフォームやヒートプレスで、加熱がまんべんなく出来なくて失敗が多いなー、と思われる方、是非一度お試しあれ。

ただし、くれぐれも自己責任でお願い致します。
前述の「250度で8分」などもあくまで目安です。
事前にテストをされることをオススメしますとともに、火(熱)を扱うものなので火事やヤケドには充分ご注意下さい。


以上で今回の記事は終わりです。
最後までご覧いただきありがとうございました。

1/144 バウンド・ドック 製作中 その3

1/144 バウンド・ドックをスクラッチで製作しています。

ぼちぼち進んでおります。


まずは頭部から。

NRX-055_b_36.jpg

サフを吹きました。

NRX-055_b_37.jpg

斜め後方から。

NRX-055_b_38.jpg

モノアイレールもつくっています。
あと、ミライトでモノアイが光ります。



次は肩部。

NRX-055_b_39.jpg

左肩。ディテをぼちぼち入れています。


NRX-055_b_40.jpg

斜め後方から。


NRX-055_b_41.jpg

右肩。プラ板とエポパテが主成分。
肩の突起部のスリット、ミライトで光ります。


今現在進んでいるディテなど。

NRX-055_b_42.jpg
NRX-055_b_43.jpg
NRX-055_b_44.jpg

しいたけディテやダクトフィンです。


テーマのひとつとして掲げた「換装(着せ替え)」。
現在胸のみ出来ています。

NRX-055_b_45.jpg

中央パーツ、ネオジム磁石にて脱着可。


ネオジムといえば、今回、全身にネオジムを多用しています。

NRX-055_b_46.jpg

ここらへんのパーツ等全てネオジム接続です。



スカートのボリュームが足りず、桃象では収まりきらなくなったので、新たにバキュムフォーマーを自作しました。

NRX-055_b_50.jpg

費用2500円ほど。


で、スカートの型を大型化し、仮バキュームし、全身組み上げ・スカートポン乗せして、全体をチェック。

こうなりました。

NRX-055_b_47.jpg

若干スカートの膨らみが弱いようですが、微調整で型を修正します。
大きさ的にはまあまあか、と。
穴も変形できる大きさに広げています。

NRX-055_b_48.jpg

後方より。


大きさの比較です。
HGUCジム改(18m級MS)と比べて。

NRX-055_b_49.jpg

ほぼ2倍ありますw

測ったら高さ21.5cmありました。
設定27.3mですから、換算すると、1/130ということになります。
自分的には許容範囲です(笑)


今回は以上です。
最後までご覧いただきありがとうございました。

1/144 バウンド・ドック 製作中 その2

いきなりですが、ケータイで、しかも片手でスラスラ文字が打てる人を信じられません。
なーんで、プルプルしないんですか???

おっちゃんなんていまだにケータイだもんで、メール返信しようとするんだけど、「ありがとう」と打とうとして「いりがとう」とか「かりがとう」とかになってることに気づき慌てて修正して送る、それほど指プル現象?が日々進化しております。


おまけに、テンションあがんないときに「素組みでもしてみよ!」っとか思ってニッパーをゲート?ランナーに差し込むときに

「スカッ」

とからぶってしまう現象まで・・・

なにこれ??視点があわなくなってきてるの??

はぁ・・・どっちもいわゆる「老化現象」というヤ~ツですかね・・・

そろそろ引退の時期が近づいているのでしょうか?アセアセ^^;


が、その前にコイツだけは意地でも完成させてやりたい!

そんな思いと、もぉどぉでもいいやぁ~・・・、という思い(波?)と戦いながらもちょぼちょぼ進めておりますバウンドドック、現状こんな感じです。ご報告遅れました。スイマセン。

まずは頭部から。

NRX-055_b_20.jpg

HGUCヤクトドーガをベースにエポパテ盛り盛り削り削りを繰り返してテイク5くらいですが、ようやく自分で納得できる形やラインが出てくれました。と思います。如何でしょう?
エポパ造形はほぼ初挑戦ですので、できれば笑って許して頂けますと幸いです。た~すけてくれ~い。
「うさぎさんの耳は前にピョ~ン」がポイントです。
細かいから各箇所た~いへん^^;

NRX-055_b_21.jpg

横から。後頭部から最後髪の毛までが「ファサッ」としてる感も出てきてくれたように感じます。

NRX-055_b_22.jpg

正面から。くちばし?鼻?がビミョ~に曲がったままですが、シンメトリ(左右対称)も自分のなかでは合格点です。

NRX-055_b_23.jpg

後頭部。キモとなる山脈ライン一本、ようやく出てきてくれました。

NRX-055_b_24.jpg

ベース(いけにえ)となったHGUCヤクトドーガの頭との比較。

ひとこと「デカッ!」

こ、これ、、、ひょっとして1/144じゃなくて1/100になっちまってないか??
またまたヤッチまったか?俺?
し~らない・・・フフ~ン

NRX-055_b_25.jpg

あ、でもデカくなったおかげでミライトすっぽり収納できるわ。ラッキー♪ ピカー☆

NRX-055_b_26.jpg

右腕。
明らかにおかしいだろ!クロー!大きさ!

いいんだも~ん。パースつけてわざと大きめに作ったんだも~ん。フフ~ン。アセアセ^^;

どうでもいいけどポリパテってなんでこんなに気泡気泡のオンパレードなんかね?腹たつわー。もー使わんっ!

NRX-055_b_27.jpg

各クローは各々くるくる回ります。風車の弥七です。

NRX-055_b_28.jpg

左腕は、アレだ、初期に作った肩アーマーだけど、たぶんこのまま行くと思います。
作り直す気力もないし技術もない。
ないないづくしと来たモンだ^^;
腕自体は、設定画でもシールド(ふた?)に隠れて描かれてないし、ま、このままMGザクのフレームでいんじゃね?って感じです。

NRX-055_b_29.jpg

胸。
ザクFZ様にご登場いただきます。
え?肩の関節?もちろん変更させて頂きます。じゅるる。

NRX-055_b_30.jpg

下半身。ここから突然キット流用のオンパレードだな。わはは。
キン◎マのごとくぶらさがってる2本の棒は、スカートを支えるステーとなります。なる予定です。

NRX-055_b_34.jpg

足首。MGリゼルベース。もうほぼスクラッチじゃ~ん。

NRX-055_b_35.jpg

加重がかかるとこうなっちゃいます。なんかかわいぃです^^
ストッパーが必要なようです。


NRX-055_b_31.jpg

初代バキュームフォーム製スカート様にご登場頂きます。
やっぱちっちゃいです。しかもラインに色気をまったく感じません。
スカート作り変え、ケテーイ!の瞬間です。
ただし、これ以上大きなスカートは、お借りしているバキュームフォーマー「桃象」様ではもうつくれません。

NRX-055_b_32.jpg

そこでNew大型バキュームフォーマー製作ケテーイ!でございます。
材料費2000円そこそこ。痛い出費。トホホ。

NRX-055_b_33.jpg

机の上がいままでかつてないほどカオスな状態に^^;




あらためて今回の製作方向についての確認です。

まずは設定画線画から。

NRX-055_b_17.jpg

カコイー!ですね^^


つぎにPIXIVで見つけたレッドジョーカー様版バウンドドックがコレ。

NRX-055_b_18.jpg

メチャクチャカコイー!!ですね☆
(画像無断拝借スンマセン)


果たして今回製作にあたってどちらの方向性でいくのか、長~い期間悩みました。
設定画どおりか?レッドジョーカー版か?ぐ~るぐるフラフラと悩みました。
う~んう~んと悩みました。夢にまで出てくる始末。

そのとき、どこからともなく、ふと声が。

「カンソウしちゃえばいいじゃん」

え?乾燥?あらやだ、もうそんなのが気になる季節?

「違う違う、換装だ、換装。」

換装?どういうこと??

「つまりアレだ、いいトコどりで、着せ替え人形さ。たしか、フィックスフィギュレーションでもそんなのやってるだろ?着せ替え。バーザムとマークIIとかさ。ベースとなる部分を残してあとはパーツ換装だよ。」

なるほど!面白い!グッドアイデア!

「だろ?迷ったならそうやっておけば、どちらにも変身できて後々後悔しないだろ?
設定としては、そうだな、ジェリドは実は生きていた、ってのはどうだい?」

ほうほう。

「つまり爆発に巻き込まれてバウンドドックとともにジェリドは死んだ。設定ではそう。でも実は生きてたんだ。
バウンドドック自体も破損はしたものの完全には壊れてなく、壊れた箇所はティターンズ武器兵器倉庫に転がってるMSのジャンクを利用して、新たに「バウンドドック改」に改修され、ジェリドに与えられた、ってーハナシだ。どう?」

オモロイかもー!!^^

なるほど、そうなりゃお絵かきしてみよう。
10年ぶりにFAVOを取り出し、レッドジョーカー版のイラストにイラストレーターでラクガキだ。
おえかき、たのしー!^^ でもムズカシー!!

出来上がったラクガキがこちら。

NRX-055_b_19.jpg

ほい。こんな感じで製作方向を進めておりますよよよ~ん、っと。
どう?どうなのよ?ww

まーアレですな、出来るかどうかはおいといて、チャレンジしてみる価値はありそう、換装。


と、ココで今回のコンセプトのまとめを致しますと、


「変形」(←当然)

「変身」(←換装。ネオジムあたりを使って。)

「ジャンクパーツデッチあげ」

「電飾」(←ミライト使用)

「ハイディテール」(←メッサーラ、ボリノークサマーンのスクラッチに圧倒的に足りなかった要素)

「ジャンク利用」


こんなところになりますでしょうか?

え?出来るのか?知らな~い。フフ~ン^^;

ま、自分で勝手にハードルあげといて、「やっぱできましぇ~ん」ってなる予感ぷんぷんですが、目標はおっきいほうがよろしかろ?^^;

製作、および、当ブログ登場最後となるかもしれないMSには、デッカい花火を打ち上げてもらいましょう!YEAH!!

1/144 バウンド・ドック 製作中 その1

みなさん、自分の作られた過去作って、「スキ!」ですか?「キライ!」ですか?

自分の場合、その時々によってコロコロ変わるんです。


自分の過去作を見返しては、

「・・・はぁ~・・・クズみたいのばっか・・・。てゆーか、そもそも、この趣味の、一体何がおもろいのん??」

って時と、

「いやっほおおお~ぃ!ひょっとして、オイラって、モケモケ、うめーんじゃね? なんなら、トップ、狙っちゃうぜぇ~?www」

って時が一定周期ごと、あるいは周囲の刺激ごとにコロコロ変わったりします。


これって、いいコトなんでしょーか?

悪いコトなんでしょーか?

やっぱ、ちょっと、「異常」ですよね??


今の自分の状態としては、とりあえずの結論として、総合的に見て、自分の作ったのって、

「ん~、やっぱ、ぜんぶスキっ!」


??


・・・はぁ~・・・

自分のん、「スキ」って・・・ orz

こんなんだからモケイの世界でもイマイチ一皮が、いや2枚も3枚も剥けないのかも知れませんね^^;

もっと向上心を持つべきですね・・・


さておき、ドックも、そんなお気に入りの作品のひとつになるよう、ゆ~るゆる頑張りたいと思います。


っつーことで、前置きが長くなりましたが、バウンド・ドック製作記その1となります。




1/144バウンド・ドックを製作しています。
2~3ヶ月ほどを経て、ぐ~るぐる~と、あっち行ったりこっち行ったり、あ~でもない、こ~でもない、と、自分の中では迷走していますが、とりあえず今現状、こうなっております。



バーン!
・・・なんでしょか?w この「コレジャナイ感」ww
まぁ~、その~、とりあえずは完璧めざさず、もうちっと迷走しますわ^^;

いろんなガンプラのパーツ、使ってま~す^^
「いろんな」って、全て書いたらキリないけど、とりあえず、ベース?はMGガンダムMk-IIver.2.0で~す^^
もし、ここは何?ってのがあったら、コメしてちょ♪



反対側から。

変形、な~・・・
させなあかん?^^;



後ろから。

スカートは、禁断の技、MIAバウンドドックのスカートの「拡大」→「ヒートプレス」どぇ~す(滝汗)



桃象、お借りして初バキュームどぇ~っす。
大きさ、ギリギリや~ん。

何回やっても、表面、こ~んなに凸凹。波打ち。
ヒートプレス、むずかしや~。

コザルさ~ん、桃ちゃん、もうちょっと、借りてていい?^^; ごめんね~、ほんま長いコト。




大きさ比較どぇす♪
1/144HGUCジム改クン、と。

ん~、まぁまぁ、大きさ的に、こんなモンじゃね?



MIAバウンドドックとの2ショット。
やっべ!身長、あんま変わんなくね!?(滝汗)

・・・ってことは、やっぱ、MIAのままでよかったんじゃ~ん(涙)
んもぉ~、やっぱ、つくんのココでやめっかな~・・・






肩だ!
ダイソーの計量スプーンを2個イチしてデッチあげてみたっ!
初めて使ってみたわ^^
もち、加工、必要よ~ん♪



反対側の肩だ!
ここは、しゃ~ない、プラ板っきゃない!
これでもそれなりに苦労した。



型紙を、こんなモンかな~、って5面体を切り出し、1mmプラ板をそれにあわせて切ってみた。



胴体側のこの角度にあわせてそれを貼り貼り。
全角度がちゃうもんだから、貼りあわせにくろうしまつた。

え?どうやって角度測って貼ったか?って?

・・・「勘っ!」

www としかいいよ~がない www


瞬着でエイヤッ! ズレたっ! ヤスリだ! 60番ペーパー(!)でご~りごり。

んで、こんな状態でつwww



肩うしろのダクト。
こ~んなふっとい計のプラパイプ(約2cm必要)、売ってね~じゃ~ん・・・。

しゃ~ない、ジャンクをガサゴソ。

いいの、あったっ!^^ MGターンエーの腹パーツ!(赤いのん)

中にフィンこさえて、こんな感じ^^;



スカート脱がせたらこんな感じ。イヤ~ン。


以上、2~3ヶ月もかかって、こ~んだけ~。って、ど~んだけ~^^;








大変参考にした元ネタ。
pixivで「バウンド・ドック」で検索してひっかかった、「LedJoker07」さん、という方の書いた、バウンドドック。

カッケェ~~!!!

決めた!よ~っし!これをそのまま、立体化だ!!(3月ごろ?)

印刷 → 必要パーツを構想して記入してピックアップ → パーツ請求、っと。
バンダイさ~ん、いつもお世話になってま~す。




よし、静岡HS前に、ここまで出来たっ!!




・・・んで、5月のホビーショー見て、ブレはじめる。


・・・やっぱ、ミツタケさんのつくった、ウェーブのガレキ、設定画どおりで、超カッッッケェ~!!・・・

・・・こっちの方向にしようかしら?


!?


・・・ってことは、やっぱ、寸法的にだいたいおんなじの、MIAのままで、よかったんじゃね!?


んもうっ!!


 → [イマココ]



ぐ~るぐる~

グ~ルグル~

グ~ルグル~

・・・・・・

・・・


まるでオイラの人生のように、ぐ~るぐる~

グ~ルグル~

グ~ルグル~

・・・・・・

・・・




製作記その2へ続く。

果たしてその2は、あるのだろうか??・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。