スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

How To ~ 丸ノズルの作り方【動画付き】

サイコガンダムMk-IIの、足の裏のバーニアを設置するのをすっかり忘れておりまして、急遽自作することにしました。
(市販品の丸ノズルを使うのが手っ取り早いのですが、夜中でお店が空いてなかったモンで、、、^^;)

IMG_1674.jpg

こういうヤツ。

IMG_1675.jpg

設置して完了です。



円の切り出し方法(サークルカッターの使い方)を動画にUPしておりますので、ご参考になれば幸いです。

ではまた。
スポンサーサイト
[ 2017/02/19 05:28 ] ◆How To モノ◆ | TB(-) | CM(0)

HowtTo モノ ~ 「プラ板での箱組み:私のやりかた」

広告が出ちゃいましたねスイマセン。

広告を消すためにも、必死こいて、サイコ2もほっぽらかし、私の場合の『箱組み』のやりかたを、動画で、YouTubeのjoniponmovieチャンネルに、その作成手順を、うp!してみました。

ご参考になれば幸いです。

IMG_1374.jpg

IMG_1376.jpg

IMG_1375.jpg

こういうの。




箱組みその1:導入編~プラ板の切り出し

箱組みその2:おドジ編

箱組みその3:接着編

箱組みその4:ヤスリ~完成編https://www.youtube.com/watch?v=QLexdgfwU9g

※音量注意下さい。
※キモ声注意下さい。
※どもり、注意下さい。
※サブいの、注意下さい。



ではまた。
[ 2015/07/08 03:54 ] ◆How To モノ◆ | TB(-) | CM(2)

雑記 ~ 猫カフェ、ご紹介、How To、等々 ~

先日、難波の日本橋にある「猫カフェ:ラグドール」というお店に行って来ました。
癒されました(´∀`)

猫のニガテな方がいらっしゃるとアレですので、写真などは「続きを読む(追記)」からご覧下さいませ。
[ 2014/07/09 12:39 ] ◆How To モノ◆ | TB(0) | CM(4)

How To ~ 今更ながらの誰でも知ってるであろう知識を記事にしてみました。

ガンプラま~ったくいじってません、ジョニポンです。

イジってるのはせいぜい○ン○ン、イジリージョニ田です。

よって特別記事にすることもな~いのであ~るからして、昨年「ドヤ顔」でツイッターにてワタクシがツイートしてた、今となっては誰でも知ってるであろう、テクニックやら素材やらを、垂れ流しして行くゾ!

(「んなモンとっくの昔に知っちょるわい!」ってコトばかりやと思いますけどネー^^;なにかのご参考になれば・・・^^;)





[ 凹ディテール ]

HowTo_01.jpg

凸ディテールって、薄プラ板やプラシートを貼りゃあいいだけなのでチョー楽チンですが、逆の、凹を「彫る」って、ホーント大変。
特に、四角じゃなく、平行四辺形みたいなんだと、なおさら大変。

タガネやノミを駆使して底辺をまっ平らにお彫りになられる達人も数知れど、自分、そんな高等テクなどあいにく持ち合わせてないので、よく、上記の写真のように、最終的に、底に薄シートを、貼っちゃいます。

引き算と足し算をうまく使おう、ってコトですかね~・・・。




[ 安価な素材:100均など ]

ダイソーとか100均ショップって、ホ~ント、モデラーにとっては宝の山。
そんななかでも、自分の過去作で「私はこんなの、使いました」ってのを、いくつかご紹介。


HowTo_02.jpg

曲がるストロー。

ジャバラ部分が、中のボールジョイントやポリ軸などを隠すのに、ちょうどいいです。
(もちろんサイズに限りがありますががが)

色も、ご紹介してる黒以外に、黄色や青、赤など、売ってるみたいなので、どこにどう使うかはアナタ次第。

(ま、今は「熱収縮チューブ」なんていう、更にリアル感が出せる素材もあるので、あくまでお好みで^^)



HowTo_03.jpg

ダイソーの計量スプーン。及び、ぬいぐるみの目玉用ボタン。

球体をつくるのに便利なのが、ダイソーのプラスチック製計量スプーン。
半球と半球を貼り合わせて、球体が作れます。
直径約2cm~4cmの様々なサイズがワンセットであるから、お得感がありますネ。

例として、完全な球体ではないですが、私はこの方法でバウンドドックの肩アーマーを製作しました。もちろん加工してますが。


とはいうものの、この計量スプーン以下の、直径1cmクラスの球体は、じゃあどうやって作るか?

店内探したら「ぬいぐるみの目玉用ボタン」というのがございました。

少し難しいと思いますが、駆使すれば、1/144ハンブラビの丸肩あたりのサイズの球体が出来ると思います。


HowTo_04.jpg

ダイソー編み棒。素材はABS製。
とっくにご存知の方が多いかとは思いますが私も頻繁に使いますのでご紹介。

サイズも様々で、径5.5mm、6、7、8、10mm、と、豊富なのが嬉しいところ。

パイプだから、組み合わせて、シリンダーとか長尺ライフルとか作れちゃいます(´∀`)




[ 道具のご紹介 ]

HowTo_05.jpg

ポンチ。

1mm~10mm程度、いろいろサイズ揃えとけばなにかと便利か、と。

では使い方をば。

HowTo_06.jpg

・素材を打ち抜く

薄めのプラ板(~0.5mmくらいまで、かな?)に当ててポーンと打ち抜き、円をつくってディテを作る、とかとか~・・・。

上記例は、自分が製作した「1/144ディジェ」の、ヒジ、ヒザの円型マイナスディテを作ったケースです。


HowTo_07.jpg

・マスキングテープを打ち抜く

塗装時、円型、カーブの形状にマスキングしなきゃならないケースって、よくありますよね~。

そんな時にもポンチ使ってマスキングテープを打ち抜き、円型マスキングのできあがり。

上記例は、それを応用した「1/144量産型キュベレイ」のピンクラインのマスキング方法です。





[ 素材のご紹介 ]

ホムセンとか東急ハンズとかも、素材として使えるもの多々アリ。

こんなのもあるよ~、的なご紹介です。

HowTo_08.jpg

コイルスプリング。プラ(厳密にはよくわかりません、ポリカとかかも^^;)製。
東急ハンズで昔買いました。

実はこれに関しては購入しただけで実際作品に使ったことないのですが(汗)、水中MSの間接の中に仕込めば、密度感増して、面白いんじゃね?と思ってます。

「でも塗れるの?」
知らな~い。試してないから(爆)
マルチプライマーあたり使えば塗れると思われ。。。


HowTo_09.jpg

CRシート。
要は極薄のゴムシートです。
東急ハンズで昔買いました。

特徴は「極薄なこと(0.2mm)」「片面に布目(シボ?みたいな?)」が付いてること。
その布目が、い~い塩梅に、質感がしっとりしてたり、あるいは滑り止めみたいな役割も果たし、私はよく使う素材です。

個人的な過去作への使用例は以下の写真のとおり。

HowTo_10.jpg

HowTo_11.jpg

HowTo_12.jpg

HowTo_13.jpg




[ その他 ]

HowTo_14.jpg

「底面がまっ平らな穴をつくりたいのですが、ドリル使うと真ん中がほげちゃいます。どうすればいいでしょうか?」
という、ツイッターで誰かがつぶやいてたのをチラ見し、「こうすれば?」みたいなツイートをしたものです。

・作りたい穴の奥行きの、更に少しだけ掘る。
(いっそつっぽいじゃっても可、かと)

 ↓
・コトブキヤやウェーブから出てる「丸ノズル、丸リベット」あたりを上下ひっくりかえして裏返して穴に入れる。

こんだけ~^^




HowTo_15.jpg

・固まったビンの開け方

「塗料が固まってビンのフタが、ま、回せん・・・。あ、あかん」みたいなケースの開け方です。

一目瞭然、ペンチなどのココで挟んで、ギュとまわす。

試してみてください。





以上、既にネット上にあふれかえっている、見る人によっては「何を今更」感満載な事柄ばかりですが、「ひょっとしたらご存じない方もおられるのでは?」と思い、長文駄文ながらランダムに記事にしてみました。

ご覧になられた皆様の、多少なりともなにかのお役に立てれば、参考になれば、ジョニのおっちゃん、嬉しいです(´∀`)



ダラダラ駄文を、最後までお読み頂きありがとうございました。

ではまた~。

(。╹ω╹。)ㄘんㄘん



追記:ブロ友のkumakinoさん情報なんですが、悲報です。

「おゆまるはもうダイソーでは入手不可」

らしいでっせ。なんてこったい... トホホ...orz



[ 2014/03/26 10:24 ] ◆How To モノ◆ | TB(0) | CM(13)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。