スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

HGUC ズゴックE

HGUC ズゴックEです。劇中において、ハーディ隊長の最初の愛機です。
劇中での活躍は最初だけでしたが、印象深い活躍を見せてくれました。

モノアイ部新設と、各部後ハメ加工などを施しています。
[2009年1月製作]

MSM-07E_01.jpg


このキットは、もちろんキット自体よくできてるんですが、箱絵が抜群にかっこいいんです!

MSM-07E_BoxArt.jpg

ということで、同じポーズを取らせるには、キットのままだと腰の回転が出来ない仕様になっていたので、腰部にポリを仕込み左右回転が出来るように加工しました。


MSM-07E_02.jpg

巣立ち前方及び後方から。
腕と足のジャバラ部が全て別パーツになっているので立体感がありますよね~。この点は素晴らしい出来です。


MSM-07E_03.jpg

ブチ穴などのモールドは全て彫りなおしています。


MSM-07E_04.jpg

MSM-07E_05.jpg

水中巡航ポーズ。ジェットパックはめんどくさくて作っていません^^;




旧キットをブラッシュアップさせた、よく出来たHGUCキットでありました。

[カラーレシピ]
 ガンダムカラーズゴE用セットを使用(ガンダムカラー グレー23、ホワイト4)
 ライトグレーのジャバラ部に関しては、基本塗装後に、エッジにタミヤウェザリングマスターを
 こすりつけてエッジを強調しています。

スポンサーサイト
[ 2011/02/28 20:18 ] ◆HG・HGUC◆ HGUC ズゴックE | TB(0) | CM(0)

HGUC ハイゴッグ

HGUC ハイゴッグです。お気に入りのMSのひとつです。
多少のディテールアップと、塗装を淡いグラデーションで仕上げました。
[2008年8月製作]

MSM-03C_01.jpg

モノアイは左右可動化。
丸モールド等を市販パーツに置き換え。
肩・腕に付いている角バーニア(排水でしょうか?)っぽいパーツも市販パーツに置き換えています。
手のスプリング形状の箇所も市販のスプリングを使用しています。

MSM-03C_02.jpg

バックショット。ジェットパックはめんどくさくて作っていません^^;

MSM-03C_03.jpg

MSM-03C_04.jpg

ハンドミサイル発射~っ!

MSM-03C_05.jpg

MSM-03C_06.jpg

頭のサイクロプス隊マークについては、作成当時はポケ戦用ガンダムデカールがまだ発売されてなかったので、キット付属のシールを、余白を切って貼っています。
腕のジオン章はガンダムデカールです。




サル手がなんともいえない、ステキなMSです。ゴッグと同系統とはとても思えません。
劇中では、倒した寒ジムを盾にしてマシンガンを避ける場面がとても印象的でした。

[カラーレシピ]
 ガンダムカラー HGUCハイゴッグ用セット を使用。
 (本体色:ガンダムカラー ブルー28)
 その後、ブルー28にホワイトを混ぜた一段明るい色を面に吹きつけ、淡くグラデーションをかけています。

[ 2011/02/28 00:00 ] ◆HG・HGUC◆ HGUC ハイゴッグ | TB(0) | CM(0)

HGUC ゴッグ

HGUC ゴッグです。特に関節部の改修に力を入れました。
[2003年8月製作]

MSM-03_01.jpg

モノアイ周辺の新規改修。キットのパーツをベースにモノアイレール部を作りこみ、エンビ板ヒートプレスによる透明カバーを被せています。モノアイ自体は丸バーニア+Hアイズ。
肩関節はボールジョイント化。ボールジョイントが丸見えにならないよう、ジャバラパーツを自作し追加し被せています。
手首関節も市販ボールジョイントを使い、キットのままの変な形状をなくしました。
股関節はダブルボールジョイントとし、ふんばりポーズが効くようにしています。

MSM-03_02.jpg

前方及び後方からのショット。

MSM-03_03.jpg

水中巡航状態。ですが、手はひっこませることができなくなりました。

MSM-03_04.jpg

「さっき泳いでたらね~、こーんなおっきなお魚、いたんだよ~!」

MSM-03_05.jpg

ガンダムハンマーをもたせてやればよかったのですがあいにく持ち合わせがなかったので雰囲気だけでも。




ガンプラ出戻ってかなりはじめの頃に作ったのですが、当時としては関節とか自分でもよく頑張ったほうではないかと思います。もっとも、今となっては、あの部分はこうすればよかったのに等多々感じます。

[カラーレシピ]
 ガンダムカラー HGUCゴッグ用セットを使用。
 エッジを中心に軽くグラデーション仕上げ。
[ 2011/02/27 00:00 ] ◆HG・HGUC◆ HGUC ゴッグ | TB(0) | CM(0)

HGUC ジオング

HGUC ジオングを作成いたしました。
モノアイ部分の改造とスジボリ中心のディテールアップです。
[2003年7月製作]

MSN-02_01.jpg

モノアイは、キットのモノアイパーツを芯に、モノアイレール等を新規に作りまして、エンビ板ヒートプレスによる透明カバーを作ってかぶせています。
モノアイ自体はコトブキヤの丸バーニア+ウェーブHアイズです。

MSN-02_02.jpg

上腕部のシリンダー部にはメッキパイプを、指の先にはコトブキヤのモビルパイプを埋め込んでいます。
スカート内部のバーニアは市販パーツでディテールアップしてます。
肩やスカートの装甲裏はホワイトで塗装してみました。

MSN-02_03.jpg


MSN-02_04.jpg





発売されたのは2001年で、HGUCの中でも初期の部類に入りますが、なかなかよく出来た、組みやすいキットでした。
合わせ目が上腕部にしか発生しない点も組みやすい理由でした。

[カラーレシピ]
 本体色(頭部・スカート等):ミディアムブルーをベースに調合
 肩・胸部等ブルー:コバルトブルー+ニュートラルグレー
 上腕部グリーン:グリーンをベースに調合
 腹部ベルト:ミッドナイトブルー
 イエロー:キャラクターイエロー
 レッド:モンザレッド

 最後につや消しクリアー仕上げ。
[ 2011/02/26 00:00 ] ◆HG・HGUC◆ HGUC ジオング | TB(0) | CM(0)

HGUC ν(ニュー)ガンダム

HGUC ν(ニュー)ガンダムを製作しました。非常に良く出来た、誰が作っても大変満足できる傑作キットです。
[2009年4月製作]

RX-93_01.jpg


RX-93_02.jpg

ディテールアップ中心です。プロポーション変更などは一切なし。
各バーニアを市販パーツや自作でディテールアップ。スジ彫りは控えめに。
フロントアーマーのグレーの部分は開口して裏からスジ入りプラ板を貼り付けています。

RX-93_03.jpg

フル武装状態。

RX-93_04.jpg

スネ部のバーニアはコトブキヤのダクトノズルを使用。
関節部シリンダーやヒザ後ろのチューブは細かく塗りわけ。

RX-93_05.jpg


RX-93_06.jpg


HGUCの中でも屈指の出来です。まだ作られていない方は是非。

[カラーレシピ]
 ホワイト:ガンダムカラー CG39ホワイト(5)
 胸部等ブルー:ミッドナイトブルー
 イエロー:キャラクターイエロー
 レッド:モンザレッド
 関節等グレー:ガンダムカラー グレー(24)


HGUC メタス

HGUC メタスです。ディテールアップ・スジ彫り中心です。
[2009年9月製作]

MSA-005_01.jpg


MSA-005_02.jpg

うしろから。

MSA-005_03.jpg

バストアップ。

MSA-005_04.jpg


変形後の写真がないです。すいません。

主カラーレシピ
 イエロー:キャラクターイエロー30%+キアライエロー40%+クールホワイト10%
 ブルー:ガンダムカラーブルー(14)75%+インディブルー25%
 グレー:グレーFS36118 70%+タイヤブラック30%

[ 2011/02/25 00:00 ] ◆HG・HGUC◆ HGUC メタス | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。