スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

1/144 ジム・クゥエル(HGUC Mixing Build) 完成

HGUC ジム・クゥエルと、HGUC ジム・カスタムをニコイチして、ジム・クゥエルを製作致しました。
いいとこどりの贅沢ニコイチです。
[2012年3月完成]

RGM-79Q_01.jpg


RGM-79Q_02.jpg

大きく変わったのは、下腿をジムカスタムから持って来たので、AOZ版だったジム・クゥエルの、あの足の太さが解消された点です。
ひざ下の角はジムクゥエルのものを移植してます。
スリッパはクゥエルのほうを選択しました。

RGM-79Q_03.jpg

バックショット。
フロントアーマー、リアアーマーはヘリウムコアの大きさのバランスから見てジムカスタムのほうを選択。
サイドアーマーはジムクゥエルのものを選択しています。

RGM-79Q_04.jpg

サイドショット。



RGM-79Q_05.jpg

[各部アップ]
・頭部クリアーバイザーはどう考えても後ハメ不可能だったので、塗装しながら合わせ目消しをしました。
・肩のバーニア(?)には0.3mmプラ板を貼っています。アクセントとして赤で塗装しています。
・下腿は前述のようにジムカスのものを選択して、AOZじゃない普通のジムクゥエルの雰囲気に近づけたと思っています。
・各部に軽くスジボリと、ホビーベースの薄プラシートを貼り付け、アクセントとしています。



RGM-79Q_06.jpg

上腕はジムカスのほうを選択。
肩アーマーはモナカ割りを解消するために3分割しています。

RGM-79Q_07.jpg

正面から。

RGM-79Q_08.jpg

ジムライフルはジムカスのほうを選択してます。
あと手首も。
ただ、サーベルの持ち手右はクゥエルのほうが出来がいいのでそちらを選択。

RGM-79Q_09.jpg

頭部、肩部、下肢部など、各部センサー部には、東急ハンズで購入したクリアーグリーンの塩ビ版に裏からシルバーを吹いたものを切り出して貼りつけています。




quel_straightbuild.jpg

どっちからどのパーツを持ってきたかはこの画像で一目瞭然かと思います。
ご参考になれば…。



製作記もなく、いきなり完成の更新で申し訳アリマセン。
なんせゼータプラスに行き詰っておりまして、そこそこサクッと作れるものを作りたくなってしまい、途中写真も撮るのを忘れ一心不乱に一気に作ってしまったものですから・・・

ただ、コレを作ってからあらためてAOZ版のジムクゥエルの箱絵とか取説と比較して眺めていると、あの足の太さも決して悪くはないよなぁ~、むしろ「アリ」だよなぁ~、などと思ってしまったりするのでした^^;

HGUCキットで出たものが「正解」という「刷り込み」みたいなものでしょうか?

さて次回作ですが、本来ならまたゼータプラスに戻らなければいけないところですが、ちょっと行き詰まり感がハンパないので、違うMSに行きたいと思っています。
正直連邦には飽きてきてますので、またジオンに行きたいと思っています。
旧キット改修とかニコイチとか大掛かりなものではなく、サラッといけるHGUCのヤツがいいですね。
なにがいいかな・・・。ジュアッグとか旬かなぁ^^

以上、ニコイチジムクゥエルでした。
最後までご覧頂きありがとうございました。

[カラーレシピ]
ブルー:インディブルー+キャラクターレッド+グレー
濃紺:ミッドナイトブルー
関節等グレー:ガンダムカラー MSグレージオン系
スポンサーサイト

「第2次ネオジオン抗争・ラプラス戦争」コンペに参加してきました

先日3/25に、METALBOXさんで行われた「宇宙世紀コンペ 第2次ネオジオン抗争・ラプラス戦争」に行って参りました。
UC_conpe_03.jpg

10名ほどの参加者があり、常連の方が多数を占めておられたようです。
自分はコンペは初だったのでドキドキの参加となりました。

お一人で複数出されている強者もいらっしゃって、総数14のMSが集まりました。
自分はザクキャノンで参加させて頂いたんですが、いやぁ~、楽しかったです^^

UC_conpe_01.jpg
UC_conpe_02.jpg

ご覧のように作風も多種多様で、実に勉強になりました。
一人一人自分の作品についてコメントしたあと、みんなでワイワイガヤガヤと大変盛り上がりました。

それにしても「宇宙世紀コンペ 第2次ネオジオン抗争・ラプラス戦争」と名づけられたコンペの割に、主役機のユニコーンが誰一人作ってこなかったのは印象的でしたね。




コンペの最後に、コンテストじゃないんですが、みんなで「一番スキ!」って作品に挙手してもらったりして^^
そしたら、なんと!自分のザクキャノンが2番目に選ばれました!!

うれしかったです~^^

店長からのご褒美、とのことでこんなの頂いちゃいました。
INGRAM_conpe.jpg

なんと!コトブキヤのDStyleイングラムです!
こういうの貰うってすっごい嬉しい。ありがとうございます~。

当日参加された皆さん、そして素敵な時間と場所を提供してくださったMETALBOXさん、ありがとうございました!
機会があればまた参加させて頂きたいと思います。

1/144 ゼータプラスC1 製作中 その1

1/144 旧キット ゼータプラスC1を弄っています。
masaさんからの頂き物でして、これはカッコよく仕上げてやらなきゃ!と意気込んだものの・・・
なかなかに手強い相手であります。

ZetaPlusC1.jpg

まずは素組み状態。
masaさんから頂いた時には、嬉しくて、ホント涙モノでした。
仮組みまでしていただいてて、本当にありがたかったです。
masaさん、おおきにっ!

MSZ-006C1_b_01.jpg

現状。こんなんなっております。
HGUCゼータとSガンダムをからめています。
だいぶモッサリ感は解消出来たかとは思うのですが、どうしても気になる股関節の隙間・・・。
でもここを隙間埋めると可動に支障をきたすのでこのままです^^;

MSZ-006C1_b_02.jpg

後ろはまだほとんど手付かずで、ウィングも取り付けていません。
どうやって接続させればいいかも思案中です。

MSZ-006C1_b_03.jpg

ヘルメット一体型だったフェイスは、どうにもこうにもダルダルだったので、くりぬいてZの顔を仕込んでいます。
また、耳も、モールドが甘かったので、Zの耳を移植してシャープ感を出しています。

MSZ-006C1_b_04.jpg

途中放置しているクゥエルと並べてみると・・・。デカいです・・・あまりにもデカい。
頭ひとつ分以上デカい!
最初は気づかなかったのですが、もともとのキットからしてデカめなキットだったようです。




最初は意気込んで作っていたものの、なんだかデカかったり、なによりエッジがダルダルで、しかも細部のディテールやらなんやらどうしようかと思案中だったり、で、どうカッコよく仕上げてやればいいのか迷いっぱなしです。
先が見えません。
ちょっと休憩して違うキットに手を出そうかな、と思っています。
サクッとつくれるヤツでも・・・。

1/144 ザクキャノン 完成

1/144 ザクキャノンを、HGUC旧ザクをベースにして製作致しました。
HGUCザクⅡのパーツも多々使っていますので、旧キットとあわせて「3コイチ」となります。
[2012年3月完成]

MS-06K_01.jpg

旧キットで使ったパーツは、下腿とキャノン砲、バックパック、ビッグガン、アンテナのみです。
残りは、ほぼ旧ザクとザクⅡのパーツとなります。

詳しく書くと、旧ザクは、胸、腰、サイドアーマー、リアアーマー、太もも、足甲の部分。
ザクⅡは頭部、肩、上腕、ヒジ関節、フロントアーマーです。
下腕はHGUCグフから。トサカは陸戦ガンダムのものを分割して流用。
あと、股関節はジャンクのZガンダムの肩を加工流用し、横ロールタイプとしました。

MS-06K_02.jpg

ビッグガンを構える、の図。
ヒジが90度しか曲がらない仕様にしちゃったので、構えるポーズがギリギリで塗装剥がれが大変でした。

MS-06K_03.jpg

背面。
ビッグガンの接続はボールジョイントにし、黒ストローのジャバラで隠してます。

MS-06K_04.jpg

サイドショット。




MS-06K_05.jpg

[各部アップ]
・頭部はHGUCザクⅡの頭部を加工。トサカは陸ガンのものを流用。
・後部アンテナ部はキットの基部を使用し、アンテナ自体は真鍮線で。
・左肩ショルダーアーマーはザクⅡのものを加工し、スパイクはコトブキヤの丸ノズルとスパイクの組み合わせ。
・右肩シールドはプラ板で自作。
・胸のダクトを開口しフィンをプラ板で自作。
・背部スモークディスチャージャー自作。
・太ももは旧ザクのものにパテで整形し角型に。
・キットの下腿の左右ダクト部にパテを盛り厚みを増しました。
・足の甲は切り離し幅詰め後ボールジョイント接続。
・ふくらはぎ部ダクトはフィンをプラ板で自作。
・股関節はHGUCZの肩を移植。横ロール可動タイプとしました。
・動力パイプは胸、足ともにコトブキヤのモビルパイプ。中にはスプリング。

等々…




MS-06K_06.jpg

MS-06K_07.jpg

ザクマシンガンを構えて。

MS-06K_08.jpg





ん~、ちょっと、なぁ・・・
一応それなりに出来上がって自己満足はしておりますが、なんというか、こう、「もうちょっと違う作風に振れなかったのか?俺?」と・・・。

製作記には「ディテールを凝ってみました!」的なこと書いてしまいましたが、出来上がってみれば、なんのことはない、普段とあまり変わり映えのしない作品となってしまいました(滝汗)

塗装・配色はユニコーンバージョンのものを参考にして塗装しました。
なので、ダクトの赤とかはすべてグレーに置き換えています。

本当は、塗装も、ドライブラシとかチッピングとか試したかったんですけど、うまく出来る自信と勇気がなく、結局はベタ塗り仕様です。
あ、でも、各パーツのエッジにタミヤのウェザリングマスターを軽くこすり付け、エッジの強調はしています。
ただ、その後つや消しクリアー吹き付けたらそれもほとんど目立たないほど消え去ってしまいました…。

そろそろ違う作風にチャレンジしたいですね。
いろいろな作品を見て勉強し、そして練習してマスターしたいです。

あと、これ、あびぴろさん主催の「ガンダムUCコンペ」に参加させたいと思ってます。
ということで、あびぴろさん、UTANさん、ヒ(イ)ロさん、ヨロシクです!


以上、1/144ザクキャノンでした。
最後までご覧頂きありがとうございました。

[カラーレシピ]
・明るいほうの茶色:サンディブラウン
・暗いほうの茶色:サンディブラウン+ダークアース
・太ももの白:グレーFS36622
・暗いグリーン:オリーブドラブFS34087+濃緑色+ブラック
・関節等:MSグレージオン系

1/144 ザクキャノン 製作中 その2

1/144ザクキャノンを、HGUC旧ザクベースでつくっています。
胸と足の動力パイプをつけ、ディテールアップを施しました。

MS-06K_b_05.jpg

動力パイプは、コトブキヤ「モビルパイプ」の3.5mmにスプリングを通してます。。
ディテールアップは、今回はスジボリやノミで彫るのは控えめにし、細切りプラシートを貼り付けるのを多用して、ちょっとだけいつもの製作パターンと異なった方向性に振ってみたつもりです。

MS-06K_b_04.jpg

足す(貼る)タイプのディテールアップで、少しはMSVっぽさが出てくれるといいのですが・・・。

MS-06K_b_06.jpg

胸のフィンなどは0.5mmプラ板の、エッジを薄く削り込んだもので製作。
写真にはないですが(すいません^^;)フクラハギ部のフィンも同様にプラ版で製作。

MS-06K_b_07.jpg

スモークチャージャーは、ランナーとプラ版で、ササッと製作。
やっつけ仕事です^^;
ま、あまり見えるところではないのであまり凝ってもしょうがないかな、と。




久しぶりにザク系の、動力パイプのあるMSをつくってる訳ですが、自分、動力パイプはコトブキヤの「モビルパイプ」を以前から使用しています。
いままで作ったジオンのMSも、動力パイプはできるだけモビルパイプに変えているわけですが、これ、1/144のMSにジャストフィットするのは2.5mmと3.5mmのみ。
頭部に2.5mmで、胴、足に3.5mmですね。

で、必然的に4.0mmと4.5mmが余る余る。
大量に余ってます。しかも他の使い道がみつからない・・・。

コトブキヤさん、お願いですから4サイズセットではなく、1サイズ単位で売ってくれませんかねぇ・・・。
切なる願いです。

Mobilepipe.jpg

ちなみに、2.5と3.5の2種類は、時間のあるときに、ランナーから切り出し、ゲート跡を整形し、小分けボックスにしまっています。
この作業、非常に面倒くさいんですよね~。しょうがないけど。

1/144 ザクキャノン 製作中 その1

1/144 ザクキャノンを製作しております。
ベースはHGUC旧ザクで。ところどころHGUCザクⅡやグフのパーツを使ってます。

MS-06K_b_02.jpg

現状。ほぼ改修完了です。
あとは動力パイプつけて、ディテールアップ施す予定です。

定番工作ばかりで、あんまり特筆すべき点はないんですが(汗)、股関節はジャンクのZの肩を使って横ロール可能タイプとし、可動範囲を広げています。
旧ザクの太ももを角タイプに変更するのが、なにげに大変でした。裏打ちせず削ってたら穴あいちゃったり(笑)

右肩のシールドは、キットのものは丸っこかったので、プラ板で作り直し。
左肩のスパイクはコトブキヤのスパイクです。

定番工作ですが、足の甲は切り離して、幅詰めでひとまわり小さくし、ボールジョイントSで接続しています。

MS-06K_b_03.jpg

バックパック、ビッグガン、キャノン砲は旧キットのものを、ほぼそのままです。
ビッグガンの接続はボールジョイント接続にし、ストローの蛇腹でカバーしています。

MS-06K_b_01.jpg

ちなみに、キットの素組み。
これはこれで味があるんですけどね~(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。