2012年ガンプラ的総括

今年もあとわずかとなりました。
皆様いかがお過ごしでしょうか?

さて、今年もあとわずかとなりましたので、年末大掃除もそこそこに、2012年の自分的ガンプラ製作状況を振り返ってみたいと思います。




RX-139_01.jpg
1月
1/144 ハンブラビ

はじめてMETALBOXさんというお店のコンテストに出させていただいた、自分的に思い出深い作品です。
夏にHGUCリリースのアナウンスを聞いたときは卒倒しそうになりました(笑)
ま、発売前に完成できてよかったです。


RMS-117_12.jpg

2月
1/144 ガルバルディβ

ディアスとのミキシングで作った旧キット。
結構評判もよかったようですし、自分でも愛着のある作品です。


MS-06K_06.jpg
3月
1/144 ザクキャノン

GU.C」に参加させていただいた、ミキシングでつくった作品です。
得票数で一位!という良い結果を残せたのが非常に嬉しかったです。
事務局のあびぴろさん、その節はお世話になりました。
この場を借りて改めてお礼申し上げます。

RGM-79Q_04.jpg
おなじく3月
HGUC ジムクゥエル

HGUCジムカスとミキシングした作品。
ゼータプラス製作の合間にサラッと仕上げた、あまり印象の残っていない作品。


4月 完成品なし。
ゼータプラスの落としどころに四苦八苦してる最中でした。


MSZ-006C1_03.jpg
5月
1/144 ゼータプラスC1

3個イチで作った作品。
細部のツメが甘かったり自立出来なかったり、と、自分にとっては納得の行ってない作品。
でも、この貴重なキットを提供して下さったmasaさんには、改めて心よりお礼申し上げたいと思います。


PMX-000_02.jpg
6月
1/144 メッサーラ

はじめてスクラッチに挑んだ作品。
15回オラザクで奇跡の一次通過を果たした、非常に思い出深い作品です。
コイツも来年にHGUCで出ることが決定したようで。
大変めでたいことですが、心情的には複雑な部分がありますな・・・
「あと一年待てば良かった」なんて密かに思ったりもしてます。
この頃からでしょうか?
「JoniponがつくるモノはHGUC化される」という都市伝説が生まれました(嘘)。


7月 完成品なし。
メッサーラ完成の後、燃え尽き症候群。
今年も暑い夏でございました。


MSA-003_01.jpg
8月
HGUC ネモ

ユニコーンVer.でリリースされたキットをゼータVer.カラーで仕上げた作品。
サラッとストレート組みです。
あんまり印象、残ってません^^;
それにしても最近のキットは良く出来てるなぁ~、とあらためて感じました。
メッサーラのあとだったので余計にそう感じたのかも知れません。


MS-09F_TROP_04.jpg
おなじく8月
HGUC ドムトローペン

ザクキャノンと同じくGU.Cに参加させて頂いた作品。
古いキットのくせに後ハメがしやすい等、楽させてもらった好キットでした。


9-11月 完成品なし。
ボリノークサマーン製作にいそしむ。
いろいろうまく行かなくてイライラつのる。


PMX-002_02.jpg
12月
1/144 ボリノーク・サマーン

スクラッチ第二段。
メッサーラより格段にムズかしかったスクラッチ製作。
意地でもROBO魂発売前に完成させたかったので、なんとか完成出来てホッとしてます。
スタイルやスケールの問題、細部の煮詰めの甘さ等、反省点は多いけれど、メッサーラと同じく愛着のある作品となり、今ではお気に入りのひとつです。
自分でもよく頑張ったと思います。
自分を褒めてあげたい(by 有森裕子)

・・・まさかコイツもキット化されたりしないよなぁ・・・




と言うわけで、今年の完成品は合計9個となりました。
旧キットの改造やアップデート、果てはスクラッチに挑戦、など、例年以上に充実したガンプラライフな一年でありました。

2002年にガンプラに出戻って以来、今年はガンプラライフも10年目の節目の年。
そしてようやく完成品の数も50に達する、という結果になった、良い一年でありました。
さらには先程も言ったようにスクラッチまで憶えることが出来て、ちょっと前までは信じられないほどいろんなことにチャレンジした一年でした。

そしてなにより、ブログやMETALBOXさんを通じて、多くの方々と知り合いになれたこと。
これが一番嬉しかったです。
皆さんから頂いたコメントの数々、本当に励みになりました。

お知り合いになれた皆さん、このブログを覗いてみて下さった皆さんに心より御礼申し上げたいと思います。
本当にありがとうございました。


一年間いろいろお世話になりました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

2013年も皆様にとって良い一年になることを心より祈念いたします。
どうぞみなさん、良い御年を。






スポンサーサイト

1/144 ボリノーク・サマーン 完成

1/144 ボリノーク・サマーンを、スクラッチビルドで製作致しました。
[2012年12月完成]

PMX-002_01.jpg

胴体の球体は、ベースとして1/144カプールを利用し、それを元に改造しました。
顔はコトブキヤのバーニアをベースとして改造。
脛のまるい部分はエポパテ。その他は全てプラ板製です。

PMX-002_02.jpg

シールドもALLプラ板です。

PMX-002_03.jpg

バックショット。
バーニアはコトブキヤ製。
上段のバーニア基部はマジックのマッキーの蓋を利用しています。
下段のバーニアはジャンクパーツ。ダブルオーの1/144GNアームズのGNドライブ部です。

PMX-002_04.jpg

ディテールとしては今回スジボリは殆ど施しておらず、薄プラシートの細切りを各所に貼っています。

PMX-002_05.jpg

意匠として、肩、ももなどにウェーブUバーニアフラットを利用したディテールをオリジナルで施し、塗り分けで対応しています。




PMX-002_06.jpg

上半身アップ。
顔には一応モノアイ、仕込んでます。
写真では見えませんが^^;

PMX-002_07.jpg

下半身アップ。
手首はバンダイビルダーズパーツのMSハンドジオン系を利用しました。
今回はじめて購入してみたのですが、指が角指だったのが残念。
コトブキヤさんトコのみたいな丸指仕様でリリースして欲しかったところです。

PMX-002_08.jpg

3連バーニアの隙間にもプラ板、半円プラ棒などで多少ディテを施しています。




PMX-002_09.jpg

正面より。

PMX-002_10.jpg

サイドショット。

前回、n兄さんに、コメントで「二の腕が長い」とのご指摘を受けましたが、自分なりに検討した結果、元のまま、この長さで行くことに致しました。
どうしてもゴリラ的に腕が長いほうが面白かろう、という思惑があったので・・・
兄さん、アドバイスありがとうございました。決してアドバイスを無視した訳ではございませんのでどうぞお許し下さい。




如何だったでしょうか?
メッサーラに続いてのスクラッチと相成りましたが、メッサーラより数段手強い相手でありました。
直線と曲線の複雑に絡まったMSデザインだったので、いろいろ参考にしながら、自分なりに消化し、スクラッチしたつもりです。

かなり省略してしまったディテールもあります。
設定画に忠実に作るというのはまだまだ難しいなぁと改めて感じた次第です。

途中製作中断などもあり、結局4ヶ月もかかってしまいました。
製作中は苦しい時もあったし、いろいろ迷いながらのモデリングとなりました。
コレジャナイ感が漂う感じがしないわけではありませんが、ちょっとでも熊さんに見えて貰えれば嬉しい限りです。

失敗点としては、オーバーサイズになってしまったこと。
だいたいメッサーラと同じくらいの頭頂高となってしまいました。
だから厳密には1/120くらい、になっちゃったかな?
ま、いいや(苦笑)


年内に完成して、また、2013年1月の、ROBO魂の熊さんの出荷より前に完成できて今はホッとしています。

製作中、いろいろコメント等頂き応援していただいた方々に心より感謝いたします。


ところで次は何作りましょうかねぇ・・・
スクラッチはちょっともう疲れたので(しかもスクラッチするネタがもうない)、キットに戻ろうかな・・・。
ジュピトリス陣営でまだ作ってないのがありますしね^^

もしリクエストあれば考慮いたしますよ(笑)



最後までご覧いただきありがとうございました。




[カラーレシピ]
・濃いグリーン:デイトナグリーン
・薄いグリーン:デイトナグリーン50% + キャラクターホワイト50%
・紺:ネービーブルー
・関節等グレー:C331ダークシーグレーBS381C/638


~ 以 上 ~


1/144 ボリノーク・サマーン 製作中 その4

1/144 ボリノーク・サマーンをスクラッチビルドで製作中です。
少しだけディテールアップを施し、全体にサフを吹きました。

PMX-002_b_13.jpg

ディテールアップと言っても、細切りのプラシート等を貼ったりしてるだけなんですけどね・・・。
今回スジボリは殆どしてません。
(シールドと腹部にちょっとだけスジボっただけ)

PMX-002_b_14.jpg

シールドと股間アーマーは新しく作り直しました。
前回の出来があんまりだったもので・・・
「作りながら寝てたんか?」ってくらいシンメがヒドいシールドだったし、股間アーマーは前回ポリパテからつくってたんですけど、どうしても気泡が消えなくて、新たに一回り大きくプラ板から作り直しました。
多少力強くなった気がしますが、いかがでしょうか?

PMX-002_b_15.jpg

バックショット。
懸念していた、
「果たしてマッキーのキャップに塗料は乗るのか?はじくんじゃないのか?」
ってのも、とりあえずサフは塗れたみたいでひと安心です。

PMX-002_b_16.jpg

バックパックの、バーニア左右のスペースにも、ほんの少しだけプラ板や半円丸棒でディテアップし、密度をあげたつもりです。
写真では見づらくて申し訳ありません・・・。

PMX-002_b_17.jpg

胴体と肩をつなぐパーツには半円シリンダーとマイナスモールドをデコってメカ感をちょっとだけ出しています。

肩アーマーには、設定ではもっとごちゃごちゃとパーツやらディテールやらがあるんですが、自分の力量ではこれが限界。
塗装後デカールでごまかそうと思います^^;

頭部はもうちょっとなんとかしたかったんですが、こちらも細かい作業的に自分の力量でこれが限界。
ま、熊さんに見えればいっか、って感じで、こんな感じで作業は終わりたいと思います。




それにしても、設定画を改めて見てみると・・・

PMX-002_b_18.jpg


何て線が多いデザインなんでしょうね、このMS。
しかも、正直「カッコわるぃ」(笑)

今作ってるのは、ちょっとでもカッコ良く見えるように作ろう!と、ROBO魂の写真を見て参考にしながら作ってたんですけど、ホントにカッコよく作れてるかどうかも怪しく思えてきました^^;


残るは塗装のみ。
でも塗装時のことをあんまり考えてない作りにしちゃったモンで(パーツパーツを殆ど接着しながらの製作)、塗り分けが面倒くさそうです。
それと、サフまで出来て、これで満足しちゃってる自分がいたりして・・・^^;

とりあえず時間がかかっても、面倒くさくても、最後まで頑張って仕上げます。