スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

HGUC Zガンダム

HGUC Zガンダム。

[2005/6月 製作]

MSZ-006_01.jpg

シャドウ吹き。

エナメルによるシャドウ。
失敗しても、ふき取ってその箇所だけを修正できる、という精神的な安心感。

二度手間。
(のちスミイレをする為に、本塗装→エナメルシャドウ吹き→ラッカートップコート→スミイレ→つや消しコート、という手間が非常にめんどくさい)

昔の私はこんなことやってました、という事例。

MSZ-006_02.jpg

手:HDM。

MSZ-006_03.jpg

当時は「ガンダムデカール」はリリースされておらず、また、「Vertex」さん、「HIQデカール」さんなどもなかった時代でしたので(当時の私が知らなかっただけかもしれませんが)、ウェーブさんの「Xデカール」や「インレタ」(東急ハンズにて購入)をペタペタ貼り。

MSZ-006_04.jpg

後ハメ方法などは、「HobbyJapan 2003/12月号」の、野田啓之さんの作例を多いに参考にさせて頂きました。

[カラーレシピ]

・ガンダムカラー HGUC Zガンダム セット 使用
スポンサーサイト
[ 2014/09/30 01:27 ] ◆HG・HGUC◆ HGUC Zガンダム | TB(-) | CM(-)

日記 ~ 9/28(日) ~

2014/9/28(日)、久しぶりにコジマ塾さんへ参加させて頂きました。

参加された皆様、お疲れ様でした。
ありがとうございました。

塾にて、私は「89式ベースジャバー」をパチ組みしました。

TYPE-89_BASE-JABBER_b_01.jpg

大事な大事な頂き物。
丁寧に丁寧に製作させて頂きたいと思います。

[構想]
・コックピット新設(適当にプラ板などで座席とか)。
・前面ガラス(?)のクリアー化(ヒートプレスかヂヤンデイを使って)。
・光る。
・ウォッシング。




夕刻からは、千日前にあります、「ガンプラBAR 2号店 -アクシズ- IOLITE」さんへお邪魔してきました。

2回めなんですけどね。

お店の雰囲気も、飾ってあるガンプラも素晴らしく、楽しく、心底ほっこり癒されました。

そしてなによりマスターのお人柄や考え方に惚れました。

こういうお店を発見、というか、行けたこと、嬉しかったです。

またお邪魔させて頂きたいと思います。

[ 2014/09/29 21:04 ] ◆ 話題・雑記・感想など ◆ | TB(-) | CM(-)

HGUC ガンキャノン量産型

HGUC ガンキャノン量産型。

[2006/7月 製作]

RX-77D_01.jpg

RX-77D_02.jpg

RX-77D_03.jpg

ブチ穴開口。
ノズル変更。
肩ブチ穴:開口後裏からメッシュ貼り付け。
バイザークリアー化。グリーンの塩ビ板ヒートプレス。
足首シリンダー追加。
手:HDM。
スジボリ(パネルライン)に沿って、薄くシャドウ吹き。

RX-77D_04.jpg

RX-77D_05.jpg

「0080 ポケットの中の戦争」登場MS。

[カラーレシピ]
・ガンダムカラー ガンキャノン量産型 用 使用。
[ 2014/09/29 16:12 ] ◆HG・HGUC◆ HGUC ガンキャノン量産型 | TB(-) | CM(-)

HGUC ジェガン

HGUC ジェガン。

[2009/8月 製作]

RGM-89_01.jpg

RGM-89_02.jpg

RGM-89_03.jpg

RGM-89_04.jpg

RGM-89_05.jpg

逆襲のシャア登場MS。
[ 2014/09/27 23:32 ] ◆HG・HGUC◆ HGUC ジェガン | TB(-) | CM(-)

HGUC RX-78GP03S ステイメン

HGUC ステイメン。

[2009年8月 製作]

RX-78GP03S_01.jpg

RX-78GP03S_02.jpg

足首シリンダー追加。
デカール無し。
手:HDM。

RX-78GP03S_03.jpg

RX-78GP03S_04.jpg

RX-78GP03S_05.jpg

ステイメンは顔が好きです。

[カラーレシピ]
・ガンダムカラー:GP03Sステイメン セット。

[ 2014/09/26 18:42 ] ◆HG・HGUC◆ HGUC RX-78GP03S ステイメン | TB(-) | CM(-)

HGUC ガンダムTR-1[ヘイズル2号機]

過去作です。

今更感満載の、ヘイズル2号機です。

[2008/2月 完成]

RX-121-2_01.jpg

ストレートです。
パイロットは、オードリー・エイプリル(♀)、エリアルド・ハンター(♂)とか。
「バーン」じゃないほうの、オードリー です。
(もちろん、春日でも若林でもない)←サブいジョーク

RX-121-2_02.jpg

シールドは2種付きで、お得感があったように思います。

RX-121-2_03.jpg

バックショット。

RX-121-2_04.jpg

肩カバーは中央合わせ目消し→3分割→貼り合わせ、で製作。
足首にシリンダ-(ダミー)配置。
頭部センサー、足首センサー部などの、グリーンの部分は、0.4mm塩ビ版(東急ハンズで購入)を切り出し、裏からシルバーを塗装し、貼り付け。
イエローのストライプは、マスキングによる塗装。
ティターンズブルーは、調合。
濃い紺:ミッドナイトブルー。
デカールは「ガンダムデカール・AOZシリーズ用」を購入、貼り付け。

RX-121-2_05.jpg

指先が「赤」なのが、ステキ(セクシー)だと思いました。

RX-121-2_06.jpg

「AOZスキー」を豪語している自分ですが、実は「第一期」(藤岡建機氏デザイン版)しか知りません^^;
続編みたいなやつ(刻に抗いし者?)とかは、よくわかりません。




1/144 サイコガンダムMk-II の 進捗状況。

MRX-010_b_22.jpg

図面描いてます。

MRX-010_b_23.jpg

肩関節を「ホビーベース:ロールスイングジョイント(大)」を移植しています。




今回は以上です。

ありがとうございました。

1/144 サイコガンダムMk-II 製作中 その2

1/144 サイコガンダム Mk-II を、HGUC サイコガンダムを ベースに、製作しています。

製作記第二段です。

まずは資料の整理から。
(「インプット」作業の、ひとつ)

MRX-010_b_13.jpg

サイコMk-IIの設定画。

あと、画像は載せられませんが、GFFメタコンサイコMk-IIの、プリントアウトしたもの。
インターネッツ!で拾った(検索した)、CG版サイコMk-IIの画像、をプリントアウトしたもの。
(某氏のホームページにあるものです。HPで、連絡先(連絡手段)がないようなので、掲載許可願いが出せぬゆえ、画像掲載は割愛させて頂きます。)
ソロモンエクスプレスの、小林誠氏の描かれた「ソロモン版サイコMk-II」。雑誌(電撃ホビマガ。)

MRX-010_b_14.jpg

参考とする資料の準備。

・岬みつあき氏「ガンダムスクラッチビルドマニュアル1&2」。すくすくスクラッチ2冊。
・電撃(バックナンバー)。
・RRM写真集 vol.4。プレゼント企画で、抽選で当選したもの。(応募締め切り済み)
(こちらは本当に素晴らしい写真集で、超絶モデラー様皆様の作品の、迫力・思いがふつふつと伝わってくる、素晴らしいものでした。
資料としても、また、コラムやHowToも読み応え充分でした。RRMの皆様に、心から感謝!の思いです)
・敬愛する、Mitsu.永田氏の、超絶ギミック。プリントアウト。
・関西仮組の、ポテト師匠の「超絶変態ディテール:黒い三連星:06R」HGUC。
(師匠、無断掲載、申し訳ありません。問題ありましたらば、即刻対処いたします。)

などから、自分の目指すサイコMk-IIを目指すべく、エキスを吸い上げ、消化し、昇華すべく、各箇所案を、思いつくまま、スケッチ(ラフ書き。)
及び、のちのち、ブレないよう、コンセプトを、定めました。

MRX-010_b_11.jpg

MRX-010_b_12.jpg


一部、原寸大で、設計図(?)も描いてみました。

MRX-010_b_15.jpg

ここまできたら、あとはアウトプット(製作実作業。)

現状です。

頭部ユニット。

MRX-010_b_16.jpg

見上げでシリンダーが露出するギミック。
Mitsu.永田氏の丸パクリ。(リスペクト。オマージュ。)

MRX-010_b_17.jpg

胸部ユニット。
HGUCサイコガンダムをベースに切った貼ったで、ここまで製作。
ガタガタ部分は、のち、作り直す予定です。
胸~股間の「3連メガ粒子砲」は、ミライトで光らせる予定。

MRX-010_b_18.jpg

腕のつけ根部分のパーツ。
すくすくを参考に、プラ板を必要枚数切り出し接着→旋盤→薄プラシート外周貼り付け。で、現状がこちら。
サフなし状態でツルツルお肌が、プチ自慢です。(自己満足。)

組み合わせたのが、こちら2枚。

MRX-010_b_19.jpg

MRX-010_b_20.jpg

今後、肩カバー、上腕、下腕、と、製作を、進める予定です。

ではまた。

ご覧いただきありがとうございました。

追記:

勢い余って、αアジールのラフ(正面図)とかも描いたりしてます。

MRX-010_b_21.jpg

「75cm」だそうです^^;

コレつくるなら、是が非でも「HGUCネオジオング」のパーツを「一切使わず」に、つくってみたい、そう強く思う、今日この頃・・・。

長々と失礼致しました。

1/144 ガザD 製作中 その1

1/144 ガザD 製作途中で ほっぽり出してた ものを 発掘。

確かこの記事に関しては、過去、5月頃? 一度UPしたと思います。
が、ナゼか、自分自身で、
「こここ、こんなの つくってる 場合じゃ ねーーっ!」
と、思い、記事消しちゃいました('A`) 
(錯乱?w)

気分転換に、見てみると、我ながら、よくできてる。
と、思いました。

よって、再掲。




AMX-006_b_01.jpg

キット素組みです。
よく出来てるなー、と感心した記憶があります。
ただ、足が、ちいさいなー、と、思いました。

AMX-006_b_02.jpg

思い切って、デッカク、しました。
プラ板で。
「おっきくなっちゃった!」
(マギー審二)

AMX-006_b_03.jpg

腰の サイドアーマー や、フロントアーマー も プラ板で 作り直してみました。

「設定画と ちがーう!」

とは思いますが、自分の中の ガザDを 追及しようとすると、こんな感じに なります。
お許しを。




一旦ここでガザD終了。

気分転換をすませ、サイコガンダムMk-IIへと、戻ります。

(サイコMk-IIの 塗装前に、塗装の 実験台と なって頂くかも 知れません。
そのとき、また、ガザD 製作記 Vol.2として、記事UPの 予定 です。)

今回は以上です。

ありがとうございました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。