スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

HG ガンタンク初期型 完成

HG THE ORIGIN ガンタンク初期型、完成しました。
[2015年6月 完成]

RTX-65_01.jpg

可動ギミックと組み易さが、とても素晴らしいキットでした。

RTX-65_02.jpg

RTX-65_03.jpg




RTX-65_04.jpg

頭部コックピットハッチは開閉でき、中に内部コックピット(シートとか)をつくっています。

RTX-65_05.jpg

スモークディスチャージャーはつくりなおしています。
(1mmプラ棒に開口したものを、本体にアングルで接続)

RTX-65_06.jpg

肩付け根カバーは、筒状にしたコーヒーフィルターに置き換え。

RTX-65_07.jpg

転輪はデコレートしました。

RTX-65_08.jpg

劇中に登場した、連邦の制服に身を包んだ「クラウレ・ハモン」も製作しました。
(帽子脱着可)




RTX-65_09.jpg

複数台そろえて市街戦のシーンを再現するのもアリかと思います。

[カラーレシピ]
・本体色:ベースにMSグレージオン系 → 軍艦色(1)へのグラデーション
・砲等など濃いグレー:ベースにファントムグレー → MSグレージオン系へのグラデーション
・背部排煙ダクト:ブラウンバイオレット
スポンサーサイト

HGUC ザクII F2

HGUC ザクII F2 です。
[2010年11月 製作]

MS-06F-2_01.jpg

MS-06F-2_02.jpg

若干のスジ彫りとディテール処理。
握り拳はコトブキヤの丸ハンドです。

MS-06F-2_03.jpg

動力パイプはコトブキヤMSGモビルパイプに置き換え。

MS-06F-2_04.jpg

左肩のスパイクは、丸ノズルを底に、コトブキヤのスパイクを生やしています。

MS-06F-2_05.jpg

MS-06F-2_06.jpg

傑作キットでした。
当時売り切れ続出で、なかなか手に入らなかったことを思い出しました。

[カラーレシピ]
・濃緑色+ホワイト
・エッジにタミヤのウェザリングマスター

[ 2015/06/03 03:27 ] ◆HG・HGUC◆ HGUC ザクII F2型 | TB(0) | CM(0)

HGUC シャア専用ズゴック

HGUC シャア専用ズゴックです。
出戻り3作目の、大昔の作品です。
[2002年11月 製作]

MSM-07S_01.jpg

MSM-07S_02.jpg

MSM-07S_03.jpg

MSM-07S_04.jpg

MSM-07S_05.jpg

MSM-07S_06.jpg

モノアイレールは、彫って、作り直しています。

[カラーレシピ]
・ガンダムカラー シャア専用カラー

HGUC 陸戦型ガンダム

HGUC 陸戦型ガンダムです。
自分がはじめてオラザクに応募した、思い出深い作品です。
[2007年12月 製作]

RX-79G_01.jpg

RX-79G_02.jpg

RX-79G_03.jpg

RX-79G_04.jpg

足首をダブルボールジョイントにしています。
手はHDMを使用。

RX-79G_05.jpg

ロケットランチャーは、旧HGの「陸戦型ジム」より拝借しています。

RX-79G_06.jpg

RX-79G_07.jpg

第08MS小隊は、好きな作品なので、キットがHGUCで出たときは嬉しかったです。

[カラーレシピ]
・本体グレー:サフ1000+ベースホワイトを1:1で調合。
・赤:モンザレッド
・胸部等ブルー:忘れました・・・スイマセン・・・

エッジに、タミヤ「ウェザリングマスター」を軽くこすりつけています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。