タミヤ 1/35 JS-3 (露戦車) 製作

初めてのAFVにチャレンジしています。
選択したのは、タミヤの「JS-3」 です。

JS3_01.jpg

初AFVとしてこれを選択した理由は、そのスタイルでした。
前方のくさび状の形状に一目惚れでした。
カッコイイ戦車です。

JS3_02.jpg

JS3_03.jpg


まず、とにかく、パーツをすべて組みます。接着しちゃいました。
履帯もこの段階で組んじゃいます。
ゲート切り離し跡は一切処理してません。(切りっぱなし)
砲等など、合わせ目必須な箇所は、流し込み接着剤で接着後、#240ペーパーでガリガリとヤスりました。

JS3_04.jpg

サフ500を全体に吹いたあと、オリーブドラブ系の色で、軽くグラデーションをかけました。

JS3_05.jpg

ウォッシングを施しました。

JS3_06.jpg

JS3_07.jpg

エナメルのサンドイエローでドライブラシ。

JS3_08.jpg

ドムバズーカのエフェクトパーツを使って、「ズドーン」とかいって遊びました。

JS3_09.jpg

JS3_10.jpg

JS3_11.jpg

写真撮影して、一次完成。

残りは、付属フィギュアを作って、あと、泥はね、土、などなどの「汚しを」する予定です。自然で美しい「汚し」を。。。

スポンサーサイト

HGUC シルヴァ・バレト 完成

HGUC シルヴァ・バレトを製作しました。

市販品の「UC-MSV版」を製作したものであり、プレバンの「ガエル・チャン機」ではありませんが、イメージとしては、UCの7話に出てきた「ガエル・チャン機」をイメージして塗装などをしたつもりです。

[2015/9月 製作]

ARX-014_01.jpg

ほぼストレート組みで、ほんの少しだけディテールアップをしています。
また、カラーの配色を一部変えています。
(白の比率、など)

ARX-014_02.jpg

バックショット。
インコムは赤にしてみました。
(「インコムといえば赤」というイメージが自分の中であったため。)

ARX-014_03.jpg

UCに登場した機体は、装備(ライフル、シールド)は、持ってなかったですが、キットに付属してたので、持たせています。

ARX-014_04.jpg




ARX-014_05.jpg

バーニアのディテールアップ(ピンソケットを使用)や、0.3mmプラ板でフィンを自作したり、市販品パーツ(ウェーブ、コトブキヤetc)などを付けています。

ARX-014_06.jpg

肩の白いパーツの中にも0.3mmフィンをつけたりして情報量を増やしてます。

ARX-014_07.jpg

ビームサーベルが射出するトコなどは、抜きの関係からか、形状やモールドが甘かったりしてましたが、面倒なのでキットのままで、周囲の塗装はマスキングで対応しました。
(はみ出た、汚い、ヘタクソな塗り分けで、ちょっと凹んでます(涙))




ARX-014_08.jpg

シールド接続方法を変えています。
自作L字パーツをかまして、ネオジムで接続としております。

ARX-014_09.jpg

ARX-014_10.jpg

ガエル・チャンの二刀流!!

このシーンを再現したくて、このキットを作ったようなものです(´∀`)
(サーベルの色は、劇中と異なり、ブルーではありませんが、そのヘンは、何卒ご勘弁を・・・^^;)




良く動く、いいキットだと思いました。
ただ、プレバンに言いたい。
「ガエル・チャン機を出すなら、パーツ(頭部)単位でプレバン販売してくれ!」と・・・。

まぁ、絶対そんなことはしてくれないとは思いますけどね・・・。。。

[カラーレシピ]
・本体色:サフ1000とベースホワイトのブレンド。
・胸、足など:ネービーブルー。
・関節、バーニアなど:8番シルバー+黒。

[ 2015/09/28 21:31 ] ◆HG・HGUC◆ HGUC シルヴァ・バレト | TB(-) | CM(0)

HGUC ヅダ 完成

素組みで長らく放置していたHGUCヅダを完成させました。

[2015/9月 製作]


工作的には特筆すべきものは何も行わず、(ただ合わせ目を消しただけ)、1番機の「迷彩」にチャレンジしてみました。

EMS-10_01.jpg

当初は、迷彩のない「予備機仕様」でつくろうかな?とも思いましたが、やはり1番機のデュバルの活躍・男気の誘惑に負け、このめんどくさい迷彩にチャレンジすることとなりました^^;

EMS-10_02.jpg

塗り分けはもちろんマスキングで。
シールドの迷彩パターンの形状は、実は、厳密には、設定と違います。が、「あー、もう、ええわ」って感じでマスキングしましたw

ヅダと言えば土星エンジン。
ここはガイアの「スターブライトゴールド」+赤を調合し、雰囲気を出したつもりです。

EMS-10_03.jpg

肩のミゾの合わせ目消しと、シルバーによる塗り分けには、少々手を焼きました。

EMS-10_04.jpg

「白」のエナメルによるスミイレにも、ちょっと手を焼きましたネェ~。。。
(ふき取りがキレイになかなか出来ませんでした・・・^^;)

EMS-10_05.jpg

各箇所のマークは、キット付属の「シール」ではなく「ガンダムデカール」を使用しました。
(どこ行っても売ってないため、しかたなくヤフオクで購入。結構な出費をしてしまいました(´;ω;`))

EMS-10_06.jpg




EMS-10_07.jpg

対艦ライフルと。

EMS-10_08.jpg

EMS-10_09.jpg

EMS-10_10.jpg

工作的に、というよりも、塗装に関して結構苦労したキットでした。^^
次は、積みプラの中から「オッゴ」をつくって、イグルーweekにしようかな、と思いました(笑)

[カラーレシピ]
・本体色:ガイアノーツ AT-04 パープルグレー(ボトムズカラー)
・迷彩色:クレオス コバルトブルー+パープル若干
・土星エンジン:ガイアノーツ スターブライトゴールド
・胸部、関節、足など:GSIクレオス ネービーブルー

[ 2015/09/27 18:50 ] ◆HG・HGUC◆ HGUC ヅダ | TB(-) | CM(0)

1/72 デストロイド・トマホーク 完成

ウェーブ 1/72 デストロイド・トマホークを製作しました。
[2015/9月 完成]

DESTROID_TOMAHAWK_01.jpg

グラデーションと、ウォッシングを施しています。

DESTROID_TOMAHAWK_02.jpg

DESTROID_TOMAHAWK_03.jpg

DESTROID_TOMAHAWK_04.jpg




DESTROID_TOMAHAWK_05.jpg

DESTROID_TOMAHAWK_06.jpg

胸のミサイルポッドは、開閉が出来ます。

DESTROID_TOMAHAWK_07.jpg

さらに、右肩上のミサイルハッチまで、ひとつづつ開閉が出来るスゴいキットでした。

DESTROID_TOMAHAWK_08.jpg

クリアーパーツも豊富。
写真はヒザ下のライト部。ここも当然クリアーパーツでした。




ウェーブのキットなんて、はじめてつくりましたが、バンダイ(ガンプラ)とかなり違うものですね。
若干残る後ハメ工作や、アンダーゲートに、四苦八苦致しました。

あとは、ディフェンダーとファランクスも作りたいですね。

ただ、値段が、た、高い・・・。

そうそう買える値段ではないですねぇ~・・・。
(ちなみにこのトマホーク、定価6800円!です( ゚д゚ ))

[カラーレシピ]
・ベースにサフ500をエアブラシ吹きつけ。
 ↓
・本体色 ・・・ カーキ → サンディブラウン でグラデーション
・左右ミサイルポッドハッチ ・・・ 艦底色 → カーキ でグラデーション
・白 ・・・ 白
 ↓
・クレオスMr.ウェザリングカラーでウォッシング
 ↓
・デカール貼り後、つや消しトップコート

1/72 デストロイド・スパルタン 写真再撮影

バンダイ 1/72 デストロイド・スパルタン。

写真を、ちゃんと撮り直したので、過去作ですが、記事再掲させて頂きます。

DESTROID_SPARTAN_10.jpg

フロントショット1。

DESTROID_SPARTAN_11.jpg

フロントショット2。

DESTROID_SPARTAN_12.jpg

バックショット1。

DESTROID_SPARTAN_13.jpg

バックショット2。

DESTROID_SPARTAN_14.jpg

サイドショット。




具体的改修点などについては、過去記事をご覧下さいませ。

デストロイド系は、全部揃えたいな、と思っています。1/72で。

モンスターは無理ですが^^;・・・