How To ~ 今更ながらの誰でも知ってるであろう知識を記事にしてみました。

ガンプラま~ったくいじってません、ジョニポンです。

イジってるのはせいぜい○ン○ン、イジリージョニ田です。

よって特別記事にすることもな~いのであ~るからして、昨年「ドヤ顔」でツイッターにてワタクシがツイートしてた、今となっては誰でも知ってるであろう、テクニックやら素材やらを、垂れ流しして行くゾ!

(「んなモンとっくの昔に知っちょるわい!」ってコトばかりやと思いますけどネー^^;なにかのご参考になれば・・・^^;)





[ 凹ディテール ]

HowTo_01.jpg

凸ディテールって、薄プラ板やプラシートを貼りゃあいいだけなのでチョー楽チンですが、逆の、凹を「彫る」って、ホーント大変。
特に、四角じゃなく、平行四辺形みたいなんだと、なおさら大変。

タガネやノミを駆使して底辺をまっ平らにお彫りになられる達人も数知れど、自分、そんな高等テクなどあいにく持ち合わせてないので、よく、上記の写真のように、最終的に、底に薄シートを、貼っちゃいます。

引き算と足し算をうまく使おう、ってコトですかね~・・・。




[ 安価な素材:100均など ]

ダイソーとか100均ショップって、ホ~ント、モデラーにとっては宝の山。
そんななかでも、自分の過去作で「私はこんなの、使いました」ってのを、いくつかご紹介。


HowTo_02.jpg

曲がるストロー。

ジャバラ部分が、中のボールジョイントやポリ軸などを隠すのに、ちょうどいいです。
(もちろんサイズに限りがありますががが)

色も、ご紹介してる黒以外に、黄色や青、赤など、売ってるみたいなので、どこにどう使うかはアナタ次第。

(ま、今は「熱収縮チューブ」なんていう、更にリアル感が出せる素材もあるので、あくまでお好みで^^)



HowTo_03.jpg

ダイソーの計量スプーン。及び、ぬいぐるみの目玉用ボタン。

球体をつくるのに便利なのが、ダイソーのプラスチック製計量スプーン。
半球と半球を貼り合わせて、球体が作れます。
直径約2cm~4cmの様々なサイズがワンセットであるから、お得感がありますネ。

例として、完全な球体ではないですが、私はこの方法でバウンドドックの肩アーマーを製作しました。もちろん加工してますが。


とはいうものの、この計量スプーン以下の、直径1cmクラスの球体は、じゃあどうやって作るか?

店内探したら「ぬいぐるみの目玉用ボタン」というのがございました。

少し難しいと思いますが、駆使すれば、1/144ハンブラビの丸肩あたりのサイズの球体が出来ると思います。


HowTo_04.jpg

ダイソー編み棒。素材はABS製。
とっくにご存知の方が多いかとは思いますが私も頻繁に使いますのでご紹介。

サイズも様々で、径5.5mm、6、7、8、10mm、と、豊富なのが嬉しいところ。

パイプだから、組み合わせて、シリンダーとか長尺ライフルとか作れちゃいます(´∀`)




[ 道具のご紹介 ]

HowTo_05.jpg

ポンチ。

1mm~10mm程度、いろいろサイズ揃えとけばなにかと便利か、と。

では使い方をば。

HowTo_06.jpg

・素材を打ち抜く

薄めのプラ板(~0.5mmくらいまで、かな?)に当ててポーンと打ち抜き、円をつくってディテを作る、とかとか~・・・。

上記例は、自分が製作した「1/144ディジェ」の、ヒジ、ヒザの円型マイナスディテを作ったケースです。


HowTo_07.jpg

・マスキングテープを打ち抜く

塗装時、円型、カーブの形状にマスキングしなきゃならないケースって、よくありますよね~。

そんな時にもポンチ使ってマスキングテープを打ち抜き、円型マスキングのできあがり。

上記例は、それを応用した「1/144量産型キュベレイ」のピンクラインのマスキング方法です。





[ 素材のご紹介 ]

ホムセンとか東急ハンズとかも、素材として使えるもの多々アリ。

こんなのもあるよ~、的なご紹介です。

HowTo_08.jpg

コイルスプリング。プラ(厳密にはよくわかりません、ポリカとかかも^^;)製。
東急ハンズで昔買いました。

実はこれに関しては購入しただけで実際作品に使ったことないのですが(汗)、水中MSの間接の中に仕込めば、密度感増して、面白いんじゃね?と思ってます。

「でも塗れるの?」
知らな~い。試してないから(爆)
マルチプライマーあたり使えば塗れると思われ。。。


HowTo_09.jpg

CRシート。
要は極薄のゴムシートです。
東急ハンズで昔買いました。

特徴は「極薄なこと(0.2mm)」「片面に布目(シボ?みたいな?)」が付いてること。
その布目が、い~い塩梅に、質感がしっとりしてたり、あるいは滑り止めみたいな役割も果たし、私はよく使う素材です。

個人的な過去作への使用例は以下の写真のとおり。

HowTo_10.jpg

HowTo_11.jpg

HowTo_12.jpg

HowTo_13.jpg




[ その他 ]

HowTo_14.jpg

「底面がまっ平らな穴をつくりたいのですが、ドリル使うと真ん中がほげちゃいます。どうすればいいでしょうか?」
という、ツイッターで誰かがつぶやいてたのをチラ見し、「こうすれば?」みたいなツイートをしたものです。

・作りたい穴の奥行きの、更に少しだけ掘る。
(いっそつっぽいじゃっても可、かと)

 ↓
・コトブキヤやウェーブから出てる「丸ノズル、丸リベット」あたりを上下ひっくりかえして裏返して穴に入れる。

こんだけ~^^




HowTo_15.jpg

・固まったビンの開け方

「塗料が固まってビンのフタが、ま、回せん・・・。あ、あかん」みたいなケースの開け方です。

一目瞭然、ペンチなどのココで挟んで、ギュとまわす。

試してみてください。





以上、既にネット上にあふれかえっている、見る人によっては「何を今更」感満載な事柄ばかりですが、「ひょっとしたらご存じない方もおられるのでは?」と思い、長文駄文ながらランダムに記事にしてみました。

ご覧になられた皆様の、多少なりともなにかのお役に立てれば、参考になれば、ジョニのおっちゃん、嬉しいです(´∀`)



ダラダラ駄文を、最後までお読み頂きありがとうございました。

ではまた~。

(。╹ω╹。)ㄘんㄘん



追記:ブロ友のkumakinoさん情報なんですが、悲報です。

「おゆまるはもうダイソーでは入手不可」

らしいでっせ。なんてこったい... トホホ...orz



関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/03/26 10:24 ] ◆How To モノ◆ | TB(0) | CM(13)

こんばんはw

これはこれはいい記事ですね!

ちょうどプラモ教室やっているのでぜひとも紹介させていただきたいと思います。
自分で説明するより楽だというのは内緒ですけど・・・(^_^;)

[ 2014/03/26 20:02 ] [ 編集 ]

> kobaruto 様

コメいつもありがとうございます^^
そう言って頂けて「ホッ」っとしました。

プラモ教室、ご迷惑でなければ、ぜひぜひ使って下さいませ^^
少しでもお役に立てるのなら、とても嬉しいです(´∀`)

教室、無事大成功に終わること、心より祈念してまーす^^

[ 2014/03/26 23:09 ] [ 編集 ]

こういう記事すごく良いです!

ぶっちゃけ、こことかどうやってるんだろう?とか、何を使ってるんだろう?と言った疑問に、分かりやすく、図までついて解説してる所が非常に大事だと思います。
自分で作業してるときに、行き詰まったり、悩んだ時に、こういう記事は、後で良く読み返すんですよ~

できれば、この記事は永久保存版でw

非常にナイスな記事でした。
[ 2014/03/26 23:29 ] [ 編集 ]

こんにちは、kobarutoさんのところから飛んで来ました〜、
こちらでは初めまして、、かな〜??

「誰でも知ってる…」というより「今さら聞けない…」的な模型小ネタ集、
という感じでいいですね。私は最後のビン開けで「あ…コレ忘れてた…」と気づかされました^^; つい先日こじ開けようと棒ヤスリでつついて、指に刺さったばかりだったので…(痛ぇ

模型作りってこういう小ワザの積み重ねなので、小さなことが大事…だと思います。丁寧なまとめ、お疲れさまです。
[ 2014/03/27 00:06 ] [ 編集 ]

こういう記事、凄く勉強になります!

発想力・応用力が乏しいので感心しきりでしたw
CRシートなんて存在すら知りませんでしたし、
目にした際には購入しておこうと思います…w
[ 2014/03/27 05:17 ] [ 編集 ]

> omega.11 様

コメントわざわざありがとうございます。
「あざぁ~っす」w

お褒め頂き恐縮です。
が、全て私の発明やひらめきではなく、ぜ~んぶ、先人達の知恵や発想のパクリをまとめただけですので^^;アセアセ^^;

正直「ん~、オイラみたいなへっぽこモデラーなんかが、こんなパクリみたいな記事、書いていいんかな~?」みたいな迷いはあったのですが(先日あった研究引用事件、みたいにw)、非常に好意的に受け取って頂けて、ホント、嬉しい限りです。

ありがとうございます(´∀`)

> できれば、この記事は永久保存版でw

了解しました(´∀`)

[ 2014/03/28 00:24 ] [ 編集 ]

> おずねこ 様

あら、まぁ!おずねこさん!わざわざすいませ~ん^^
いつもモデギャラ等ではありがとうございます~。

コメント残して頂いて、とっても、うれしぃ~。嬉々(´∀`)

> 「誰でも知ってる…」というより「今さら聞けない…」的な模型小ネタ集

あー!おっしゃるとおりですネ^^
タイトル、そっちのほうが良かったかもしれませんネ^^;

なんでもそうだと思うんですが、長年やってると、もしくは自分が知ってる知識や知恵って、ついつい
「自分みたいなんが知ってることなら、他の人も当然知ってるやろ」って、思いこんじゃってるんですよね~。

ただ、当方、ツイッターでの他のモデラーさんとの交流を通じて、最近ようやく気づいたのは、
「あれ?どうやらみんな、結構知らない人、いるんとちゃうか?」
ってコトだったんです。

このブログにしてもそう。
みーんな、訪問してくれた方々が、年期の入った人、もしくは知識豊富な人ばかりじゃないみた~い、ってのに気づきまして、こういう記事をはじめて書いてみたワケです。

好意的に捉えて下さり心より感謝!です(´∀`)


> ビン開け

これなんか、結構、忘れがちですよねw
少しでもおずねこさんの思い出しのお役に立てて嬉しいです。^^


わざわざ時間を割いてコメまで頂き、本当にありがとうございました。
厚く御礼申し上げます。
[ 2014/03/28 00:40 ] [ 編集 ]

> ジン 様

いつもコメント、本当に、ありがとうございまーす^^

すべて先人の知恵なり工夫なので、決して私が発想、閃いた事でもなんでもなく、、、^^;
でも、少しでも喜んで頂けたのなら、こんなに嬉しいことはございません。

どうやらそこそこ好評のようなので(笑)、第二段的なものも、考えてま~す(´∀`)

お楽しみに~♪

コメント頂戴しましたこと、厚く御礼申し上げます。


[ 2014/03/28 00:45 ] [ 編集 ]

こんにちは 初めまして
プラモ製作に使えるアイテム、愉しませていただきました
有難うございます
ストローの蛇腹、目からウロコが落ちました

使える!
[ 2014/04/24 14:57 ] [ 編集 ]

> k-hirata 様

hirata様はじめまして。
少しでもお役に立てれば本望です。
このたびはコメントありがとうございました。

[ 2014/04/24 22:55 ] [ 編集 ]

目からウロコな情報ばかり…!

はじめまして、初カキコさせていだだきます。

100均の計量スプーンなど、素晴らしいアイデアですね!最近色々改造とかに手を出していこうと思っていたのですんごく参考になりました!
[ 2014/05/17 00:12 ] [ 編集 ]

> 最後の将 様

コメントありがとうございました。
[ 2014/05/22 21:04 ] [ 編集 ]

> 最後の将 様 へ:

最後の将 様へ

6/23:追加返コメさせて頂きます。

せっかくこのように、はじめてコメントして頂いたにもかかわらず、それに対する私の返事が前回「あざす」みたいな非常にそっけいない一文しか返さず、誠に申し訳ありませんでした。

全く持って言い訳になりますが、諸事情で、あの一文を返すのが当時はやっとな状態でした。
何卒お許しください。平に謝罪させて頂きます。


改めて追加返信させて頂きますと、100均の計量スプーン等々、当記事に書かせて頂いたものは、全て先人の知恵、知識ばかりでございまして、決して私のアイデアでも何もないものばかりでして・・・^^;

いわゆる「受け売り」というヤ~ツです。お恥ずかしい限り...(´Д`)


投稿サイトSNS(モデラーズギャラリー、fg、等々)や、知人や友人、あるいは本で得た、教わった知識ばかりです^^

今後改造などにも手がけられるご予定とのこと、決して押し付けではございませんが、個人的に激しくオススメさせて頂きたい書籍がございます。

「岬光彰氏 著:すくすくスクラッチ・ガンダム スクラッチ ビルド マニュアル 1、及び、2」という書籍です。
(既にご存知でしたら申し訳ありません)

最終的にフルスクラッチビルドを目的に書かれたような書籍ですが、100均で使える道具、素材、加工方法、知恵など、実に多岐にわたるアイデア・製作方法が惜しみなく書かれており、今では私のバイブルとなっております。


現在のようにスクラッチなどとてもじゃないけど出来なかった出戻りパチモデラーだった頃、正直「チンプンカンプン。こんなの自分に出来るワケあらへん!」・・・と思ってましたが、見よう見まねでやってみたところ、まだまだ未熟ながらも、自分もある程度ミキシングや改造、スクラッチなど出来るに至っております。
(ご覧の通り、当方、まだまだヘッポコモデラーですが^^;)

もしよろしければご参考下さいませ。

この度はコメント頂戴し御礼申し上げるとともに、前述のように心からお詫び申し上げます。

ありがとうございました。

[ 2014/06/23 08:00 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jonipon.blog39.fc2.com/tb.php/102-66e6621d