スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

1/144 ジムスナイパー 製作中 その1

1/144 ジムスナイパーを製作しております。

旧キットの「HG ジムスナイパー」は使わず、HGUC陸戦型ガンダムをベースに製作しています。

RGM-79Gタイプ(=陸ジム)は、以前、製作したことがあるのですが、更に可動域の確保と、あと、今回、ジオラマ(射撃シーン)にチャレンジしようと思っております。

基本改修は終了しましたので、記事をUPさせて頂きます。

RGM-79Ggs_b_01.jpg

HGUC陸戦型ガンダムをベースに、頭は「HGUCハードグラフ:陸戦型ガンダム地上戦セット」に付属のジムヘッドを流用。
また、ロングレンジビームライフルは、プレバンの「ジムスナイパーII:ホワイトディンゴ仕様」に付属のライフルを流用しています。

RGM-79Ggs_b_02.jpg

バックパックは、ジャンクの「HGガンダムver.G30th」より流用、加工。




順を追って、改修ポイントなどを列挙。

RGM-79Ggs_b_03.jpg

上半身。
胸ダクト:ウェーブの「Uバーニアフラット長方形」を寸詰めし、中にフィン設置(0.3mmプラ板)。
肩アーマー接続方法を変更、etc・・・。

RGM-79Ggs_b_04.jpg

ランドセル。
前述のように、HGガンダムver.G30thのランドセルに、両脇の突起をプラ板で製作、取り付け。

RGM-79Ggs_b_05.jpg

ヒザ。
HGUC陸ガンのパーツをベースに、角度をつけて再接着。
なだらかなRになるよう、エポパテ(クレオス:エポパPRO-H)でスキマ埋め。
ヒザのスパイク(3つの突起)は、ビルダーズパーツの「1/144MSスパイク01」の、一番長いスパイクを輪切りにしたものです。
テーパー具合がちょうどよかったです。

RGM-79Ggs_b_06.jpg

足首を二重関節(ダブルボールジョイント接続)に。
足首シリンダーは削り取り、新規に作り直し。
(エバグリのハーフラウンドとコトブキヤモビルパイプを加工したもの。)

RGM-79Ggs_b_07.jpg
RGM-79Ggs_b_08.jpg

足首をダブルボールジョイント化することにより、ここまで可動域が広がるとともに、曲げた時の、自然な、スネ~足首へのラインが再現できるような気がします。

RGM-79Ggs_b_09.jpg

アーマー裏。プラ板でディテアップ。

RGM-79Ggs_b_10.jpg

HGUC陸ガンは、キットのままでも、ヒザ立ちポーズが再現可能なのですが、キットより、もっと「腰を落としたヒザ立ち」を再現させる為に、サイドアーマーの接続方法をこのように変えました。
(干渉を解消するため。)
サイドアーマーのヒンジには、ウェーブのYヒンジ2を使用しています。

RGM-79Ggs_b_11.jpg

写真のように、キットのままより、更に腰を落としたポーズが可能となりました。

RGM-79Ggs_b_12.jpg

アプサラスIIIを射撃する時のポーズをとらせてみました。

・・・もっと、こう、スコープを「覗き込む」感が欲しいところですが、ちょっと、私にはムリ。技術不足・・・orz

可動とポージングはムズかしいですね・・・('A`)

(固定モデルでもよかったかも^^;)




今回、単体での可動モデルを目指すとともに、ジオラマと電飾にもチャレンジしようと思っています。

電飾は、ロングレンジビームライフルのスコープ部と銃口を、タイマーで切り替え点灯させる、というものです。

なので、ライフルに、LEDを仕込みました。

RGM-79Ggs_b_13.jpg

写真のように、赤色LEDを2個(3mmLED&チップLED)仕込んでいます。
ライフル側面から出る2本のチューブ内にポリウレタン銅線を通し、外部から電源をとります。

RGM-79Ggs_b_14.jpg

写真では同時点灯させていますが、タイマーキットを使って、スコープ部がフラッシュのように点灯したのち(狙いを定めたのち)、銃口が光る、というものを画策しています。

RGM-79Ggs_b_15.jpg

使用するキットはコレ。
電飾、おもしろいです!
展示栄えしそうな作品に仕上げたいと思います(´∀`)

RGM-79Ggs_b_16.jpg

使用する電源はコレにする予定です。
不要になった、車載用の「ソーラーアッシュトレイ」をばらし、必要パーツ(ソーラーパネル、蓄電池)を、プラ板で囲い、黒塗装したものです。
(サイズ:3cm×3cm×1.3cmほど)

LEDひとつやふたつでは十分な容量のようですので、展示会などで、電池切れを気にせず展示できそうです。




最終的に、この場面を再現するジオラマにしたいな、と思っています。

RGM-79Ggs_b_17.jpg

どこまでできるかわかりませんが、ガンバリマス!^^

(・・・あ、ビッグトレー、つくんなきゃ・・・orz)


以上です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事
スポンサーサイト

楽しみにしています

こちらでのコメントははじめましてになるかと存じます。
ついにGMスナイパー製作が本格的に始動したのですね~!
私なら安易にHG 陸GMとニコイチにしてしまうところを
ジョニポンさんはきっちりとフルスクラッチされてて流石だな~と思いました。
外から見るだけでは解りにくい部分の改修作業も写真付きで公開して下さって
自身の製作にも大変参考になり、ありがたい事と感じています。
完成楽しみにしておりますので、頑張ってくださいね!
[ 2015/01/06 00:42 ] [ 編集 ]

> 逢坂 晴 様

コメントありがとうございます(´∀`)

お褒め頂き、恐縮です。ありがとうございますm(_ _)m

記事でも少し触れましたが、RGM-79は二回目でして、前回は製作記事がなかったものですから、多少なりとも、製作される方々への参考になれば、そう思い、製作記事を少々詳しく書かせて頂きました。

逢坂さんも、もし製作されることがあれば、少しでもご参考になれば、こんなに嬉しいことはありません^^


現在、ジオラマベース(ビッグトレーの一部)を製作中ですので、完成までまだ時間がかかるとは思いますが、ガンバリマス!(´∀`)

コメント頂戴し誠に有難うございました。
[ 2015/01/07 20:13 ] [ 編集 ]

ありがとうございましたぁ~

こん○○は、らいだ~Joeです。
今日は有難うございました♪
すんげ~勉強になりましたし、めっさ笑かせていただきました♪
来月もよろしくお願いいたしますぅ~♪
[ 2015/01/11 19:35 ] [ 編集 ]

> らいだ~Joe 様

コメントありがとうございます!^^
先日はありがとうございました^^

Joeさんの作風や、取り組まれる姿勢は、いろいろ勉強・参考になることばかりで、こちらこそ本当にありがとうございました。

またお伺いしたいと思いますので、その節はなにとぞよろしくお願い致します(´∀`)

[ 2015/01/13 10:41 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。