スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

HGUC バーザム 完成

HGUC バーザム、完成しました~。
メッチャかっこいいバーザムでビックリでした。
手の入れるところが皆無。ある意味モデラー泣かせ・・・^^;

RMS-154_01.jpg

スタイリーッシュ!

RMS-154_02.jpg

俯瞰。

RMS-154_03.jpg

正面。

RMS-154_04.jpg

バックショット。

RMS-154_05.jpg

肩は、キットのままでも、パネルラインと見えるように配慮された分割だったのですが、どーも、こう、なんとゆーか、バーニアの中にまでパネルラインが入ってるのが気に食わなかったので、ツライチにし、合わせ目消して、台形バーニアを削り落とし、自作し後付けしました。(ハコ組み。)

RMS-154_06.jpg

シリンダーを塗り分けております。
(シリンダー自体はキットのまま。)

RMS-154_07.jpg

ROBOT魂との比較です。(左:HGUC。右:ROBOT魂)

ロボ魂買ったときも、当時は、その抜群のカッコよさにシビれましたが、ただやはり分割ライン(合わせ目)などに若干の不満が・・・。

HGUCキットは見事にその欠点を補う形でつくられたHGUC最高傑作のうちのひとつではないかなー、と。

「テレビのバーザムとちゃう!こんなカッコいいのバーザムちゃう!」

・・・などの意見の方もいらっしゃるかも知れませんが、ご機会あれば是非つくって、可動させて、その驚きを感じて頂きたいなー、そんなキットでした。

バンダイさんへ。「たいへんよくできました。はなまる。」w

[カラーレシピ]
・本体ブルー:クレオス フタロシニアンブルー
・黒(濃紺):ティターンズブルー1
・イエロー:GXキアライエロー
・レッド:GXハーマンレッド
・関節色:ガイアノーツ ボトムズカラー グレーバイオレット
[ 2017/09/17 17:23 ] ◆HG・HGUC◆ HGUC バーザム | TB(-) | CM(2)

HGUC ズサ 完成

HGUC ズサ、完成しました。
ユニコーンVer.を改造(といっても、袖つきを削っただけw)したものとなります。

AMX-102_01.jpg

スジボリなどディテールアップなどは一切せず、キットをストレートで組みました。
ただし、ミサイル一斉射撃を再現したので、多数のミサイルは自作しました。

噴煙は、発泡スチロールをかきむしったものをアルミ線にまきつけて表現しています。

AMX-102_02.jpg

44発のミサイルを同時発射しています。

AMX-102_03.jpg

胸のミサイル発射はオミットしました(射撃体勢?)

AMX-102_04.jpg

リアビュー。

AMX-102_05.jpg

足の裏の肉抜き穴もあいたまんまです^^;

AMX-102_06.jpg


マクロスなどの「板野サーカス」っぽくしたかったので、つくってみて、多少なりともそう見えていただければ幸いです~


[カラーレシピ]
・本体黄色:クレオスGXカラー キアライエロー
・橙色部:クレオス キャラクターイエロー
・紺部:ガンダムカラー ティターンズブルー2
・関節などグレー部:ガンダムカラー MSグレージオン系
・赤:クレオスGXカラー ハーマンレッド
・噴煙:灰色9号
[ 2017/09/13 20:12 ] ◆HG・HGUC◆ HGUC ズサ | TB(-) | CM(0)

HGUC バイアランカスタム 製作中 その2

HGUC バイアランカスタム製作記、その2です。
大した変化はありません。

RX-160S_b_11.jpg

RX-160S_b_12.jpg

腕にスジボリ入れたりプラ板ディテール貼ったりしております。

RX-160S_b_13.jpg

地味に細切りプラ板を貼っています。

RX-160S_b_14.jpg

腰。
ここは股間部のバーニア?的なものが非常にあっさりしてましたので、密度を上げるために、ビークルモデルのY-Wingの機首部分を切り出して貼っています。
あとフロントアーマーにスジボリを。。。

RX-160S_b_15.jpg

サイドアーマーにフックをつけてみました。

後日その3に続きます。

1/144 ゲゼ 製作中 その2

厳密に言いますと、ゲゼは、スペックがすべて「不明」なので、1/144ではなく「nonスケール」にすべきなのかもしれませんが…。
スクラッチ ゲゼ 第二回目です。

GEZE_b_21.jpg

前回、あまりにも唐突に生えていた「頭」を、なだらかに生えるよう、パテで成形しました。

GEZE_b_22.jpg

GEZE_b_23.jpg

ひざに、丸モールドを配置しました。

GEZE_b_24.jpg

丸モールドの正体はこれです。
ビークルモデルのY-Wingのノズル。
ちょっと代わった丸ノズルとして、お気に入りです。
けろろさんからお教えいただきました。感謝m(_ _)m

GEZE_b_25.jpg

上半身です。荒いですね。特にモノアイ部分とか。。。
ひたすら磨くのみ!

GEZE_b_26.jpg

全体像です。手が付きました。
ウリは、指の全関節可動!w
「極め手」の指を使いました。

GEZE_b_27.jpg

GEZE_b_28.jpg

リアショット。

GEZE_b_29.jpg

GEZE_b_30.jpg

マットに並べて複製の見積もりを取りました。
お値段はヒミツです。。。

以上ゲゼの第二回目でした。
時間はあるので、ゆっくり丁寧に仕上げたいと思います。
目標はおおきく、「C3(キャラホビ)で販売!」・・・してみたいなぁ~・・・w
(果たして需要があるか微妙ですが。)

1/144 ゲゼ 製作中 その1

今現在唯一の立体化プラモデル「ガンダム名鑑ガム」のゲゼをゲットしました。

GEZE_b_01.jpg

1/144モデラーとしては、これを1/144で欲しい!

・・・ということで、スクラッチすることにしました。

GEZE_b_16.jpg

現状です。
ここまで形になりました。

順を追って製作過程をご説明致します。




まずはスカートからつくりはじめました。
1/144ディジェのスカート部を前後に拡張し、原型をつくりました。

GEZE_b_02.jpg

GEZE_b_03.jpg

これを1mmプラ板でバキュームフォームしました。

GEZE_b_04.jpg

GEZE_b_05.jpg

次に胴体(胸部)をプラ板ハコ組みでつくりまして、仮として、HGUCジOの頭とHGUCジムカスタムの肩をあててみました。

GEZE_b_06.jpg

このままではぜんぜんゲゼではないので、頭をスクラッチしました。
HGUCアッガイの伸縮腕とダイソーの編み棒の先端部でできています。

GEZE_b_07.jpg

360度回転式コックピットはプラ板積層で製作。

GEZE_b_08.jpg

前述で説明した頭に、モノアイレール部を足す形でモノアイ部分を製作しました。

GEZE_b_09.jpg

足はHGUCジ・Oのものを利用することにします。
載せてみます。
サイズ的にはいいようです。

GEZE_b_10.jpg

GEZE_b_11.jpg

足の甲にあるバーニアの穴を埋め、また、足のスネの部分に突起をつけました。
(スネのカーブに追随するように、半硬化レジン棒を利用しました。)

GEZE_b_12.jpg

上半身を載せた状態です。

GEZE_b_13.jpg

肩はジャンクのMGガンダムMk-II ver.2.0のものを加工。
あとはプラ板とプラ棒製です。

GEZE_b_14.jpg

パイプをつけて、仮として、こぶしを仮置きしてみました。

GEZE_b_15.jpg

GEZE_b_16.jpg

GEZE_b_17.jpg

足の後ろ部も、プラ板ハコ組みを中心にスクラッチ部分が多いです。




・・・という訳で、後は地獄の表面処理と、ディテールの追加と考察が待ってる状態です。

塗装も、ベタ塗りではなく、汚しやチッピングを入れても面白いかな~、と思っています。


ゲゼ製作記その1は以上です。
最後までご覧頂きありがとうございましたm(_ _)m
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。